FD3Sとソフトウェアの備忘録 アナTV地デジ化










gogo.gs

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

アナログTVの地デジ化 

 とりあえず、まだ使えるアナログテレビを捨てるのは、もったいない。
機能を活用できるし、その機能に満足しているので、アナログTVで
十分だ。製作者側が、アナログTVでも問題ない番組制作をしてくれ
れば良いが。

 とりあえず、地デジチューナーで対応することにしよう!
もったいないし、それを望んでもない人って沢山いると思うが。
 多様性の時代なのに、何故に大画面志向だけに進んでいるのだ?
地デジ化14インチとか15インチは何故メジャーブランドは出さないだ?
ボリュームゾーンを上げたいのか?新興国では、ボリュームゾーンに
製品ラインナップを充実する流れが国内は別なのか?
 期待しているボリュームゾーンに海外の安いメーカーが参入している
が、そこは利益が出ないと手をこまねくのは、ネットブックと同じ構図で
はなかろうか。期待しているのは普及率30%を超えると、パナソニック
の収益が頭打ちするのだ、そうなるとその他のボリュームゾーンに落ちて
くる?ことが無いんだよなぁ。新しい高付加価値に移るだけ。
 
 パソコン用ディスプレーに映像を出力する場合、
ARIB(社団法人電波産業会)が規定している最大52万画素
までしか出力されない制限がかかっている。
 フルHDが、1920×1080ドット、207万画素
 地上波アナログ放送(SD=標準画質), 720×480(約35万画素).
 ハイビジョン(HD=高品位画質) 1280×720(約92万画素)

とかと比べると、
スクウェア型アナログRGB
ワイド16:9放送 960*540ドット
4:3放送 832*624ドット

ワイド型アナログRGB
ワイド16:9放送 800*600ドット
4:3放送 600*600ドット
とハイビジョン以下、地上波アナログ放送以上みたいだ。
 でも、これはパソコン用のテレビでの話。

 アナログTVでの解像度も最大52万画素の制限があるが、
HDMIとかD端子とかS端子で違うのだろうか?

 あんまりアナログテレビ活用なんて宣伝してないから、
どんな解像度で利用できるのか詳しい説明が書いてある
のかもしれないけど、よく判らないけど、S端子だとおそらく
今と大した違いのない解像度なんだろうけど。

 アナログテレビで見た場合に、普通の地デジ対応テレビ
で見える範囲を解像度を落としてアナログテレビで見えれ
ばいいのだが。試してみないと判らない?

 バッファロー:DTV-S30
7,676円(価格コム最安)

IODATA機器:HVT-BT200
14,212円(価格コム最安)
HVT-T100
9,380円(価格コム最安)

恵安: ”地デジセットボックス”KTV-DIGIBOX
 8,843円(価格コム最安)
フルセグ・ワンセグTVチューナー: KTV-FSUSB2
          
Dynaconnective (ダイナコネクティブ)
USB地上デジタルチューナー DY-UD200

ZOX
DS-DT401
7,980円(価格コム最安)

CRTを2万で地デジ対応にする「HVT-T100」【ASCII.JP】
スポンサーサイト
[ 2009/06/15 09:00 ] アナTV地デジ化 | トラックバック(-) | コメント(-)

株価ミニチャートのブログパーツ
ITmediaFX iPad
アフィリエイト・SEO対策





Slenipher

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。