Androidスマホ情報収集局 気になる商品










gogo.gs

IEEE 802.11acルーター 

ASCIIの理論値最大1300Mbps! 最速のIEEE 802.11acルーターを選ぶ!!で紹介されている各社のIEEE 802.11acルーターの速度比較について、実際には、どれを選んだら良いのだろうかと思い検討してみた。

IEEE 802.11acルーターとUSB無線LAN866Mbps対応子機を利用した速度比較では、エレコムのWRC-1750GHBKWDC-867U3の組み合わせが最速となっているが、本来のIEEE 802.11acの1300Mbpsの速度を得ることができる無線LAN子機は販売されていないため、実際には無線LAN親機の性能が十分に発揮されておらず、このため、無線LAN子機の性能に通信速度が引きずられることとなっている。
まず、親機の性能は、433Mbps対応子機での検証結果から2ストリームでの各アンテナの基本性能で評価することができる。433Mbpsの結果を見ると、NECアクセステクニカの「Aterm WG1800HP」を除いて、バッファローのWZR-1750DHP2がエレコムやIOデータの製品よりも性能が良いことが分かる。さらに866Mbps対応子機の検証結果から、バッファローのWZR-1750DHP2と「Aterm WG1800HP」を比較すると「Aterm WG1800HP」が最も良い結果をだしていることから、親機の性能でベストな選択は、「Aterm WG1800HP」と言えるだろう。wordやexcel・プログラムソースなどをNASへバックアップをおこなう際には、上り側の性能が重視されるので、この点でも「Aterm WG1800HP」が優位となる。

Aterm WG1800HPをイーサネットコンバーターとして利用できる環境であるならば、これがベストだが、やはりノートパソコンで利用する際にはUSB接続で利用するほうが良いので、この場合、NECアクセステクニカの「Aterm WG1800HP」とエレコムの無線LAN子機「WDC-867U3」の組み合わせがベストと思ったが。
 conecoにいくつかの組み合わせの検証結果がレビューされていた。
AtermWG1400HP PA-WG1400HP クチコミ・評判
 これを見ると、親機がAtermWG1400HPと機種が異なるが、同じ11acを利用しているNECアクセステクニカの「Aterm WG1800HP」とエレコムの無線LAN子機「WDC-867U3」の組み合わせでは、ベストな性能を享受することはできないだろう。
  11acを利用するのであれば、NECアクセステクニカの「Aterm WG1800HP」と「AtermWL900U」の組み合わせで利用したほうがベストのようだ。

 また、驚くべきことに細かいファイルの転送やwebブラウジングなどでは、11nの2.4Ghz(150 Mbps)の方が性能が良いことが分かる。
 NASに録画データなど大容量のデータを転送する場合には、11acの性能の恩恵を得ることができるが、日々のサイズの小さいファイルのNASへのバックアップやwebブラウジングをおこなうことがほとんどな利用において、11acの利用はあまりメリットを受けるほどではないようだ。

■IEEE802.11ac
メリット:
1.大容量ファイルの送受信で400Mbps程度の性能を発揮できる。
2.WG1800HPをイーサネットコンバータで利用した場合、QoSのWMMが最大限利用でき、安定かつ高速なストリーミング再生が実現できる。
デメリット:
1.細かいファイルの送受信では、IEEE802.11n(2.4Ghz/150Mbps)に劣る。
2.USB3.0ポートを持ったクライアント機器でないと本来の性能を活かせない。

■IEEE802.11n(2.4Ghz)
メリット:
1.細かいファイルの送受信やWebブラジングでは、IEEE802.11acよりも通信速度で勝る。
2.QoSのWMMが最大限利用でき、安定かつ高速なストリーミング再生が実現できる。

 デメリット:
1.大容量ファイルの送受信の場合、実効速度で50Mbps前後であるため、11acに比べ圧倒的に性能が劣る。
2.近所に2.4Ghzの無線LAN親機が複数あると電波干渉によって、速度低下が発生する。電波混雑防止機能があるが、本当いどのチャネルも利用されていると無意味になってしまう。ここは利用者の環境によって異なる。

 ベストな機器の組み合わせで利用することによって、通信速度の向上が見込まれると同時に、通信のエリアも向上できるため、速度はいらないが安定した通信エリアを確保したい場合にも有効だと思われる。

NECアクセステクニカ
Aterm WG1800HP価格.com
エレコム
WDC-867U3価格コム
NECアクセステクニカ
AtermWL900U価格コム


 今回の調査で、利用形態によって、5.0Ghz帯と2.4Ghz帯を使い分けることが重要だということが分かった。
現在のところ、IEEE802.11acの無線LAN最大スループッ:1300Mbpsを謳った子機が販売されていないため、フラグシップを購入せずにNEC AtermWG1400HPを選択したほうが、コストパフォーマンスは良い。将来を見越してNEC AtermWG1800HPを購入してもその性能を活かす利用をしていない・当面ない場合は、NEC AtermWG1400HPが選択肢となるだろう。子機は、今回の調査では2.4Ghz帯と5.0Ghz帯の子機を利用状況によって使い分けることが大切だということになる。

NECアクセステクニカ
Aterm WG1400HP価格.com
NECアクセステクニカ
WL450NU-AG価格コム
NECアクセステクニカ
AtermWL900U価格コム


引き続き調べていくうちに、電波強度に優れている製品としてNighthawk R7000-100JPSがでてきた。
 欠点としては、サイズが大きく。手持ちのCiscoルーターと同じくらいのサイズ。
 マニュアルを見る限りでは、初心者向けで親切な説明がされている。初心者向けであるがために、細かい設定については、何がどこまでできるのか分からない。この簡素なマニュアルが故にWPA2-PSKの暗号化にAESが対応しているのかという点やNEC Atermにあるセキュリティ対策が実装されているのかが不明なところだ。
 このセキュリティ対策が実装されていないとなると、メインのルーターとしては利用しづらい。AESが利用できなければ、アクセスポイントとしても利用に躊躇してしまう。
 もう少し詳しい仕様を記述してもらわないと、購入候補としては今のところ該当しなくなってしまう。
 電波性能は国内製品よりも優れているようなので、仕様が詳しく紹介されていないため、製品を評価できない。
■ネットギア、最大1300+600Mbpsの11ac対応Wi-Fiルーター「Nighthawk R7000」


 
もうひとつ気になる製品は、ASUS RT-AC87U
RT-AC87U The Ultimate Router 4×4 MU-MIMO – CES 2014
スポンサーサイト
[ 2014/07/21 10:00 ] 気になる商品 | TB(0) | CM(0)

Kaspersky マルチプラットフォームセキュリティ 3年プライベート版の格安入手 

 Kaspersky マルチプラットフォームセキュリティ 3年プライベート版を格安入手するのであれば、2014年版ではなく、2013年版を購入したほうがお得。



お得な理由
1.購入して最初にインストールしてから3年間のライセンス供与となるため、ライセンス期間は2014年版でも2013年版でも変わらない。
2.2013年度版でもライセンス期間内であれば2014年版にアップグレードすることができる。
無料バージョンアップ
3.2014年版が10,101円に対して、2013年版は4,700円と半額以下。
[ 2013/11/15 10:00 ] 気になる商品 | TB(0) | CM(0)

種類の少なくなったUXGAもしくはWUXGAのモニタ 

 解像度がUXGA(1600×1200)やWUXGA(1920×1200)の販売は
あることはあるが、あまり種類が多くなく、値段も高額になって
しまっている。値段が高額が故に、プロ用として販売されている
ことが多く、あまり一般的ではなくなってしまっている。
 しかし、資料作成、プログラミング等でも縦方向の解像度が
高いほうが作業がし易いことはあきらかだ。
 
 デイトレードをする場合には、解像度をフルHDにしてマルチ
モニタにするほうが良いだろうが、そうでなければ、UXGA以上の
解像度のモニタにするほうが作業性は高いと考える。

WQHD (Wide-Quad-HD)(2560×1440)などの更に高い解像度を
誇る製品もでてきているが、グラフィックカードの仕様上利用でき
ない場合もあるが、ここまで必要とするのは映像関係の作業をし
なければ必要ないだろう。

画面解像度wiki
[ 2013/10/04 10:00 ] 気になる商品 | トラックバック(-) | コメント(-)

今年のintel chipsetとPCI Express SSD/SATA Expressの行方 

 intel 第3世代Core iシリーズCPUと第2世代Core iシリーズの性能差は、
性能検証からも分かるとおり、性能面ではCPUを更新するだけのメリットは
無いに等しかった。
Intel(インテル)CPU性能比較【ドスパラ】

 今年リリース予定のHaswellは、intelが強くモバイルデバイスへ力を入れていおり
消費電力を下げる方向が強く、劇的な性能向上は見込めないと思われる。
 チップセットから見ると次のようなメリットが見えてきた。
■intel 8シリーズのフラグシップであろうintel Z87は、SATA Expressを搭載する
可能性がでてきた。SSDの性能がSATAの上限に6Gbps(600MB/秒)に達しつつある今
もっとも気になる動向になると思われる。
インテルの8シリーズチップセットとSATA Expressの行方
■製造プロセスが65nmから32nmに微細化による高速化により2ポートの6Gbps対応SATAから
全SATAポート6Gbps対応になった。
■ソケット形状が、LGA1150に変更


[ 2013/02/16 10:00 ] 気になる商品 | TB(0) | CM(0)

PCパーツ(SATAケーブル) 

OWL-CBSATA-SLU50

Owltech/オウルテック  OWL-CBSATA-SLU50(BL) シリアルATA2ケーブル [ストレート-下L型] 50cm ブルー

Owltech/オウルテック OWL-CBSATA-SLU50(BL) シリアルATA2ケーブル [ストレート-下L型] 50cm ブルー
504円


Owltech/オウルテック  OWL-CBSATA-SLU50(RD) シリアルATA2ケーブル [ストレート-下L型] 50cm レッド

Owltech/オウルテック OWL-CBSATA-SLU50(RD) シリアルATA2ケーブル [ストレート-下L型] 50cm レッド
504円


Owltech/オウルテック  OWL-CBSATA-SLU50(BK) シリアルATA2ケーブル [ストレート-下L型] 50cm ブラック

Owltech/オウルテック OWL-CBSATA-SLU50(BK) シリアルATA2ケーブル [ストレート-下L型] 50cm ブラック
504円
[ 2013/02/15 10:00 ] 気になる商品 | TB(0) | CM(0)

PCパーツ(CPUクーラー・CPUグリス) 

 静音という目的だけに絞って選択したCPUクーラーを2点選択。

FENRIR EVO (フェンリル エヴォ)

FENRIR EVO フェンリルエヴォ CPUクーラー TTC-NK85TZ/CS2(QT)

FENRIR EVO フェンリルエヴォ CPUクーラー TTC-NK85TZ/CS2(QT)
4,552円




無双 (MUSOU)ver.Ⅳ Ultimate

オウルテック TDP150W対応サイドフロータイプユニバーサルソケット対応CPUクーラー 無双(MUSOU) ver.IV Ultimate OWL-CCSH01F

オウルテック TDP150W対応サイドフロータイプユニバーサルソケット対応CPUクーラー 無双(MUSOU) ver.IV Ultimate OWL-CCSH01F
5,480円





 CPUグリスでは、サイズのThermal ElixerとGELIDのGC-EXTREMEがオーバークロッカー
御用達ですが、Thermal Elixerは、販売終了してしまいましたので、GELID GC-EXTREME
が現在入手できる最良のCPU サーマルグリスと思われます。
 性能比較して頂いているサイトもありますが、現在のところGELID GC-EXTREMEが性能面
でトップのように考えられます。
■サーマルグリス性能比較 其の弐 ~ 高発熱環境での検証 ~【BlogなMaterialisticA】
■サーマルグリス性能比較 其の壱【BlogなMaterialisticA】

 いろいろと各メーカーからグリスが販売されていますが、値段に殆ど差がないことから
実績のあるGELID GC-EXTREMEを選択したほうが無難のようだ。
■老舗クーラーメーカーが手掛ける熱伝導グリスが3本同時発売【ASCII.jp】
■オーバークロッカーに人気のGELID製グリスに新モデルが追加【ASCII.jp】
■オーバークロッカー向けグリス「ICE THERM2」が発売【ASCII.jp】
■イタリアDimasTechブランドのシリコングリスがアイネックスから【ASCII.jp】




[ 2013/02/14 10:00 ] 気になる商品 | TB(0) | CM(0)

PCパーツ(キーボード) 

 他人の打鍵音が気になることがあり、自分はどうなのかと思うようになった
ため、自分の打鍵音があまり響かないキーボードが欲しくなった。

 静音というキーワードで検索したところ 「打鍵音静かなキータッチ」と
「国産:ミツミ電機製」ということで、KFK-EA9XTが候補に挙がった。
 インターフェースがPS/2なので、必要に応じてPS/2 to USB変換アダプタが必要なところが
注意すべき点です。

 現在LogicoolMedia Keyboard K200 を利用しているが、打鍵音が小さいので気に入っている
が会社で使う際には更に打鍵音が小さいものがないかと考えているところ。



KFK-EA9XT
Owltech/オウルテック  KFK-EA9XT 日本語109キーボード アイボリー

Owltech/オウルテック KFK-EA9XT 日本語109キーボード アイボリー
2,478円


Owltech/オウルテック  KFK-EA9XT(B) 日本語109キーボード ブラック

Owltech/オウルテック KFK-EA9XT(B) 日本語109キーボード ブラック
2,478円


【納期:約1週間】バッファロー BUFFALO BSUAPS201BK iBUFFALO USB2.0変換ケーブル A to PS/2 0.26m ブラック

【納期:約1週間】バッファロー BUFFALO BSUAPS201BK iBUFFALO USB2.0変換ケーブル A to PS/2 0.26m ブラック
[ 2013/02/11 10:00 ] 気になる商品 | TB(0) | CM(0)

Pioneer BlueRay Drive型番の識別 

■BDR-208XJBK
BD:ブルーレイドライブ
R:BD読み書き可
2:世代、第2世代?
08:プロダクトの通番
X:バルク
J:BD XL対応
BK:ベゼルカラーブラック



BDR-208JBK
BD:ブルーレイドライブ
R:BD読み書き可
2:世代、第2世代?
08:プロダクトの通番
X無:CyberLink社製 書込・再生ソフト
J:BD XL対応
BK:ベゼルカラーブラック
備考:BDR-S08J以外では、付属ソフトにPioneer DB ドライブユーティリティーが唯一添付。




■BDR-208DBK
BD:ブルーレイドライブ
R:BD読み書き可
2:世代、第2世代?
08:プロダクトの通番
D:並行輸入品
BK:ベゼルカラーブラック
備考:バルク(ソフト無)・BD XL非対応




■BDR-208BK/WS
BD:ブルーレイドライブ
R:BD読み書き可
2:世代、第2世代?
08:プロダクトの通番
BK:ベゼルカラーブラック
/WS:ソフト付
/WS無:ソフト無
備考:バルク・BD XL非対応



パソコン用ドライブソフトウエア/ファームウェアダウンロード
BDR-208xxxからは、すべて海外生産品のようだ。
BDR-207xxxは、国産・海外生産品の2つあるようだ。
BDR-206xxxは、国産。
[ 2013/02/07 10:00 ] 気になる商品 | TB(0) | CM(0)

2.5inch・3.5inch HDDの新モデルが続々登場 

 なかなか販売されていなかった2.5inchの1TB HDDが漸くHGST
より販売された。
 WDに買収されてもHGSTブランドは残すのか?
 それにしてもノート用システムドライブとしては、既にSSDへと移行
が進みつつある中で、システムディスク用でなければ、どのような用途
に使うものなのか、今となっては商品価値が低くなってしまった感が否
めない。
 データ保存のための外付けディスク用として購入するならば、3.5inch
のほうがコストメリットが高いことは明白であるため、NASや外付けディスク
を持たない人にとっては、内蔵ディスク容量を増やしたい需要はあるだろう
が、内蔵ディスク容量の不足もクラウドを使えばそれなりに解消できるので、
外付け用としても需要があるのか疑問だ。

0S03565 販売価格: 8,450 円【PCワンズ】

7200rpmで容量1TBの2.5インチHDDがHGSTからついに登場【ASCII.jp】
2.5インチ/7,200rpmの1TB HDDが初登場
[ 2013/02/05 10:00 ] 気になる商品 | TB(0) | CM(0)

高速microSDHCのブランド:レキサー・SANDISK 

価格は現在不明だが、2013年3月下旬にレキサーメディアから
高速読み出し速度(90MB/s)を誇るmicroSDHCが販売される模様。
LSDMI32GBSBNA600R [32GB] 価格比較【価格.COM】

レキサー、90MB/sを実現した256GBのSDXCと16GB/32GB/64GBのmicroSDなど【価格.COM】



 SANDISKの転送速度95MB/sの製品も販売されているが、
こちらは記録容量が16GBまでしかない。
SDSDQXP-016G-J35 [16GB]【価格.COM】

 一世代前の製品だと32GB版が販売されている。
SDSDQU-032G-J35A [32GB]【価格.COM】

 但し注意点として、UHS-I規格対応の携帯電話やスマートフォンは、下記の
東芝のサイトにもあるように対応している機器は今のところないので、いくら
高速なmicroSDHCを購入しようとも最大転送速度をスマートフォンで享受する
ことはできない。
microSD/microSDHC & microSDHC UHS-Iカード 対応機器一覧【東芝】



株価ミニチャートのブログパーツ
ITmediaFX iPad





Slenipher