FD3Sとソフトウェアの備忘録 2009年01月










gogo.gs

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

第九回 基本/応用情報処理試験演習 

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
[ 2009/01/30 09:00 ] IPA | トラックバック(-) | コメント(-)

第八回 基本/応用情報処理試験演習 

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
[ 2009/01/29 09:00 ] IPA | トラックバック(-) | コメント(-)

第七回 基本/応用情報処理試験演習 

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
[ 2009/01/28 09:00 ] IPA | トラックバック(-) | コメント(-)

第六回 基本/応用情報処理試験演習 

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
[ 2009/01/27 09:00 ] IPA | トラックバック(-) | コメント(-)

第五回 基本/応用情報処理試験演習  

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
[ 2009/01/26 09:00 ] Security | トラックバック(-) | コメント(-)

第四回 基本/応用情報処理試験演習 

第四回 基本/応用情報処理試験演習

演習7.ITIL(Infomation Technology Infrastructure Library)では、利用者部門が業務要件にあわせて必要な
    ITサービスをいつでも利用できるように、運用管理部門の管理業務プロセスとして可用性管理を定義し
    ている。可用性管理プロセスの業務に該当するものはどれか。

ア.ITサービスが中断した際の迅速な対応と復旧。
イ.ITサービスが必要なサーバの処理能力の確保。
ウ.障害の予防。
エ.利用部門からの問い合わせ対応。


演習8.SLA(Service Level Agreement)の説明はどれか。

ア.開発から保守までのソフトウェアライフサイクルプロセス。
イ.サービスの品質に関する利用者と提供者間の合意。
ウ.システムの運用手法を体系化したフレームワーク。
エ.製品ベンダの品質マネジメントシステムに関する国際規格。






第三回 基本/応用情報処理試験演習回答

演習5.WBSを実施することのメリットとして、不適切なものはどれか。


ア.コストの見積もりやその根拠が明確になる。
イ.開発作業の構成と範囲、作業の責任が明確になる。
ウ.各作業単位の実績の把握や作業計画が容易になる。
エ.プロジェクトが提供する対象や範囲が明確になる。

回答:エ

演習6.括弧()内に適切な語句を答えよ。

(ア  )は、BSIが規格化したBS15000を基に規格化された(イ  )の国際規格である。
(ア)を補完するためにBIP0005/PD0015が策定され、更に、その下に(ウ  )が位置づけられた。
(ウ  )は、イギリス政府が策定したコンピュータシステムの運用・管理業務に関する体系的な
ガイドラインである。(ウ)は、運用管理業務を(エ  )と(オ  )の2つに分けて示している。

ア.
イ.
ウ.
エ.
オ.

回答:
ア.ISO/IEC 20000
イ.ITサービスマネジメント
ウ.ITIL
エ.サービスデリバリィ
オ.サービスサポート
※エとオは順不動


ISO/IEC 20000は、BSI(British Standard Institution:英国規格協会)が2000年に規格したBS15000
を基に規格したITサービスマネジメントの国際規格。

ISO/IEC 20000は、次の2部から構成されている。
ISO/IEC 20000-1:ITサービスマネジメントの仕様で、認証をおこなう際の評価基準となる。
->JIS Q20000-1(情報技術-サービスマネジメント-第1部:仕様)
ISO/IEC 20000-2:ITサービスマネジメントの実施基準で、ITサービスマネジメントを構築する際のガイドラインとなる。
->JIS Q20000-2(情報技術-サービスマネジメント-第2部:実践のための規範)

BIP0005(A Manageer's Guide to Service Management)
ITサービスマネジメントのための管理者ガイド
PD0015(IT Service management -Self-assessment Workbook)
ITサービスマネジメントのための自己診断ワークブック

ITIL
ITサービスマネジメントを実行するためのベストプラクティス
ベストプラクティス:最良の業務を進め方のこと。広く世の中で行われている最良の実務慣行をうまく取り入れると効率がよい。
他社のベストプラクティスを見本として、その経営手法を真似ることを、ベンチマーキングという。
[ 2009/01/21 18:00 ] IPA | トラックバック(-) | コメント(-)

第三回 基本/応用情報処理試験演習 

第三回 基本/応用情報処理試験演習

演習5 WBSを実施することのメリットとして、不適切なものはどれか。


ア.コストの見積もりやその根拠が明確になる。
イ.開発作業の構成と範囲、作業の責任が明確になる。
ウ.各作業単位の実績の把握や作業計画が容易になる。
エ.プロジェクトが提供する対象や範囲が明確になる。

演習6.括弧()内に適切な語句を答えよ。

(ア  )は、BSIが規格化したBS15000を基に規格化された(イ  )の国際規格である。
(ア)を補完するためにBIP0005/PD0015が策定され、更に、その下に(ウ  )が位置づけられた。
(ウ  )は、イギリス政府が策定したコンピュータシステムの運用・管理業務に関する体系的な
ガイドラインである。(ウ)は、運用管理業務を(エ  )と(オ  )の2つに分けて示している。

ア.
イ.
ウ.
エ.
オ.





第ニ回 基本/応用情報処理試験 演習回答

演習3.DBMSにおけるデッドロックの説明として、適切なものはどれか。

ア.2相ロックにおいて、第1相目でロックを行ってから第2相ロックを解除するまでの状態のこと。
イ.ある資源に対して占有ロックと占有ロックが競合し、片方のトランザクションが待ち状態になること。
ウ.あるトランザクションがアクセス中の資源に対して、ほかのトランザクションからアクセスできないようにすること。
エ.複数のトランザクションが、お互いに相手のロックしている資源を要求して待ち状態となり、実行できなくなること。
回答 エ

演習4.著作権法によるプログラムの保護に関する記述のうち、適切なものはどれか。
ア.他人の著作物であるプログラムを購入し、自社のパソコンでより効率的に利用するために改変を加えることができる。
イ.特に許可されていない場合、バックアップが目的であっても、購入したたプログラムを複製すると著作権違反となる。
ウ.プログラムの著作権を侵害して作成された複製物を使用する場合、
複製物を取得したときに侵害の事実を知らなくても、使用時点で知っていれば、著作権法違反となる。
エ.プログラムは、そのアルゴリズムも含め、著作権法によって著作物として保護される。

回答 ア
[ 2009/01/20 23:25 ] IPA | トラックバック(-) | コメント(-)

第二回 基本/応用情報処理試験演習 

第二回 基本/応用情報処理試験演習

演習3.DBMSにおけるデッドロックの説明として、適切なものはどれか。

ア.2相ロックにおいて、第1相目でロックを行ってから第2相ロックを解除するまでの状態のこと。
イ.ある資源に対して占有ロックと占有ロックが競合し、片方のトランザクションが待ち状態になること。
ウ.あるトランザクションがアクセス中の資源に対して、ほかのトランザクションからアクセスできないようにすること。
エ.複数のトランザクションが、お互いに相手のロックしている資源を要求して待ち状態となり、実行できなくなること。


演習4.著作権法によるプログラムの保護に関する記述のうち、適切なものはどれか。
ア.他人の著作物であるプログラムを購入し、自社のパソコンでより効率的に利用するために改変を加えることができる。
イ.特に許可されていない場合、バックアップが目的であっても、購入したたプログラムを複製すると著作権違反となる。
ウ.プログラムの著作権を侵害して作成された複製物を使用する場合、
複製物を取得したときに侵害の事実を知らなくても、使用時点で知っていれば、著作権法違反となる。
エ.プログラムは、そのアルゴリズムも含め、著作権法によって著作物として保護される。



第一回 基本/応用情報処理試験 演習回答

演習1.データベースの不正利用を防止する方法として有効なものはどれか。

ア.アクセス権の設定。
イ.一貫性維持の制御。
ウ.データのカプセル化。
エ.ファイルの2重化。

回答ア
ア.正解
イ.一貫性の維持はデータベースの信頼性できるために必要。
ウ.データのカプセル化は、データの独立性を高めるために必要。
エ.障害発生時の回復処理に必要。


演習2.SAML(Security Assertion Markup Language)を説明したものはどれか。
ア.webサービスに関する情報を広く公開し、それらが提供する機能などを検索可能とするための仕組みを定めたもの。
イ.権限のない利用者による傍受、読み取り、改ざんから電子メールを保護して送信するためのプロトコルを定めたもの。
ウ.デジタル署名に使われる鍵情報を効率よく管理するためのwebサービスプロトコルを定めたもの。
エ.認証情報に加え、属性情報とアクセス制御情報を異なるドメインに伝達するためのwebサービスプロトコル。

回答エ
ア.UDDI(Universal Description,Discovery,and Integration)の説明
イ.S/MIME(Secure Multipurpose Internet Mail Extensions)の説明。
ウ.XKMS(XML Key Management Specification:XML鍵管理サービス)の説明。
エ.正解。

資格取得
[ 2009/01/19 17:00 ] IPA | トラックバック(-) | コメント(-)

新型インサイトと新型プリウス 

 本田技研工業が、誰も買えないエコカーより「誰でも手にできる車こそが意味がある。」
とのキャッチフレーズにちょっとキャッチされてしまった。

 ホンダが2月6日にハイブリットカー「インサイト」を投入する。
 先代「インサイト」は2人乗りだったため、人気化せず消滅。
後に発売された「シビックハイブリッド」も全く人気にならなかった。
高いイメージがあるし、パフォーマンスの割に高いイメージだ。
 結果としてハイブリットカーと言えばトヨタの「プリウス」でイメージ
が固まってしまった。そこを打破するための「インサイト」投入だ。
 ミニバンメーカー=ホンダのイメージにエコが追加されるかどうか
調査してみた。それを漫然と受けるトヨタでもなく、新型プリウスを
投入して迎え撃つ。



まずは価格。

新型インサイト
価格:190万円台

新型プリウス
価格:約233万円~

値引きがどうなるのか全く判らないけど、30万円の差があるとカーナビ搭載
のオプション装着を考えた総額で考えるとインパクトがあるような気がする。
値段も大事だけど、やっぱり車のパワーは気になる。非力すぎるとちょっと嫌だ。


仕様
新型インサイト
燃費 市街地:17km/L 高速18.3km/L 複合:17.4km/L
燃料タンク:40L
排気量1.3リットル
※燃費はわずかに新型プリウスを下回るらしい。
最高出力:98HP(73kW)/5800rpm
最大トルク:167.3Nm/1000-1500rpm

新型プリウス
燃費 市街地(2代目):20.4km/L 高速(2代目)19.1km/L 複合(新型):21.3km/L (39km/L)
燃料タンク:
排気量1.8リットル
最高出力:100kW(134HP)
最大トルク: エンジン出力 142N・m モーター出力 207N・m
※プリウスは、先代同様に高速運転に弱いところは改善していないようだ。

結構仕様は拮抗している。
街乗りとしては、トルクが低回転で出ているほうがいいから、インサイト良い所付いてる。
プリウスのトルク特性ってどんなんだろう?


居住性は、わからないけど、ボディサイズで比較すると
新型インサイト
全長4376×全幅1694×全高1427mm
新型プリウス
全長4460×全幅1745×全高1490mm
やっぱり掴みどころが判らない。実際見て乗ってみないと居住性は判らない。

ホンダは、2012年までに4種類のハイブリッド車を投入する予定。
インサイトはその1台。

[ 2009/01/19 09:00 ] クルマ | TB(0) | CM(0)

第一回 基本/応用情報処理試験演習 

演習1.データベースの不正利用を防止する方法として有効なものはどれか。

ア.アクセス権の設定。
イ.一貫性維持の制御。
ウ.データのカプセル化。
エ.ファイルの2重化。

演習2.SAML(Security Assertion Markup Language)を説明したものはどれか。
ア.webサービスに関する情報を広く公開し、それらが提供する機能などを検索可能とするための仕組みを定めたもの。
イ.権限のない利用者による傍受、読み取り、改ざんから電子メールを保護して送信するためのプロトコルを定めたもの。
ウ.デジタル署名に使われる鍵情報を効率よく管理するためのwebサービスプロトコルを定めたもの。
エ.認証情報に加え、属性情報とアクセス制御情報を異なるドメインに伝達するためのwebサービスプロトコル。

資格取得
[ 2009/01/18 23:40 ] IPA | トラックバック(-) | コメント(-)

株価ミニチャートのブログパーツ
ITmediaFX iPad
アフィリエイト・SEO対策





Slenipher

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。