FD3Sとソフトウェアの備忘録 2013年09月










gogo.gs

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

20130927エンプラス株価 

 2013年9月25日のまさかのストップ安を付けたエンプラス。理由がいまいち
納得できないし、まだ消化できないでいるが、四季報には業績拡大が謳われて
いるにもかかわらず、ストップ安となってしまった。その後も軟調な値動きと
なっている。後付けの理由として、あるアナリストが顧客に対してネガティブ
な発言をしているとの報道があるが、この報道が本当かどうかは分かるはずも
ないので、個人投資家としては四季報と会社発表を信じるしかない。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
[ 2013/09/30 08:30 ] 株式投資 | トラックバック(-) | コメント(-)

20130927オーデリックの株価 

2013年四季報秋号の発売日の翌営業日からオーデリックの株価は
上昇し、9月18日に高値を付けた後下落基調が続いている。四季報
に掲載された売上高・利益の推移は素晴らしいものがあるが、四季
報販売日以降の9月17日18日以降は下落基調が止まらない。若干下
落基調は低下傾向だか、これからすぐに反転となるのか、それともも
うしばらく調整があるのか検討してみた。
 
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
[ 2013/09/29 08:30 ] 株式投資 | トラックバック(-) | コメント(-)

ドコモはiPhone取り扱いで反転攻勢にでれるか 

 国内携帯電話、Appleが初のメーカー別首位に 12年度で出荷
ベースでiPhoneの25%のシェアを多いと見るか少ないと見るか。
ソフトバンクのiPhoneの出荷台数は不明だが、これまでの情報から
2012年のスマートフォンの総出荷台数は、4181万台となっており。
その内Appleは、auとSB併せて、1066万台を出荷している。
(※auは、iPhoneを2011年10月24日から取り扱っている。)
iPhone販売数のシェアは、当初はソフトバンクが、約6割、auが約4割
ということになっていたが、今ではソフトバンクが、約5割、auが約5割
と拮抗しているということなので、SB/au共に年間533万台を出荷
していると予想される。

ソフトバンクの総出荷台数1,155.8万台に対して533万台がiPhone
だとするとiPhone率は46%となる。
http://www.softbank.co.jp/ja/irinfo/finance/business_review/mobile/

auの総出荷台数:目標値1,107万台に対して、533万台がiPhoneだと
すると、iPhone率は45%となる。
ちなみにガラケー:スマホ=295万台(26.6%):812万台(73.3%)となり
スマホ率は高い。android対iPhone比率は、
android:iphone=279万台(34.4%):533万台(65.6%)
となっており、iPhone比率も高い。
KDDI、2012年度にスマートフォンで800万台の販売目指す
携帯3社の2012年3月期決算まとめ

 appleの要求は総出荷台数の半分をよこせという契約なんだろうと
思われる。それにしてもSB/au共に半数をiPhoneで売っているという
ことはかなり大きく、無視できない数字であることがわかる。

国産メーカーが1機種で100万台は売りたいという目標をあげて
いるので、ここでもメーカーの淘汰は進み、生き残れるのは、1社か
2社程度であろうと思われる。

 また、この要求をドコモが飲めるのか。飲んだのなら国産メーカーは残り
の出荷台数を分け合うことになるが。

ガラケー・ユーザー、“意外に”多いワケ〜スマホ離れ、タブレットと2台持ちもアリ?

ドコモの2012年
端末販売台数は2,355万台
スマートフォンの販売台数は1,329万台
となると、端末販売台数の半数(50%)をiPhoneにすると
なるとiPhone1,177万台となってしますので、もう少し
控えめに45%だとして1,059万台まあ1,000万台を予定すると
スマートフォン全体の販売台数が1,329万台なので、残り
329万台を国内外のメーカーが奪い合うことになってしまう。

 そうなると1社か2社くらいしか生き残れない。

ツートップ・スリートップと言ってるけど、それに漏れる
メーカーの生き残る道はほとんどないし、スリートップと
なってもiPhoneが入ってきたら、スリートップでも三番手
に生き残る道は険しいだろう。

スリートップ入り予定とされるソニー・シャープ・富士通
の内、どこか1社は脱落する可能性が高い。

 2013年夏モデルは、ソニー・シャープ・富士通ともに
かなり完成度を上げてきたので、どこが脱落するか分からない
状況になってきたので、均等にシェアを分け合えば、
全メーカー倒れになるだろうから、人気からするとソニーが
残り、あとの残りを富士通かシャープで分け合い、この消耗
戦を戦い、体力勝負で負けそうなシャープの分が悪い予感が
します。
[ 2013/09/10 10:00 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

IIJmioウェルカムパック for BIC SIMの通信スピード結果 

  スマートフォン通信料削減のために、現在利用している
Xperia acro HD(SO-03D)をMVNOを利用し、これまで保管して
あったガラケーを復活させ、スマホとガラケーの2台持ち
にして、通信料を劇的に削減することができました。

 そこで今回利用するMVNOを検討したところ、U-NEXTが
リーズナブルな値段でサービスを開始することを知りました
が、評判の悪さに今回は見送りとしました。
 まだSIMカードの配布さえおこなっていないので、今後
人柱の方による評価次第ですが、未知数なMVNOよりも評判
の良い[IIJmioウェルカムパック for BIC SIM]を選択する
に至りました。

SIM:IIJmioウェルカムパック for BIC SIM 3150円
プラン:ミニマムスタートプラン 945円/月

 やはりAndroidアプリ[みおぽん]を使ってクーポンのON/OFF
が簡単にできるところが、他のMVNOには無い特徴が評判でも
あるようにこのMVNOの決め手になりました。

 ただ今回購入した[IIJmioウェルカムパック for BIC SIM]
に添付していた紙には「バンドルクーポンなし!」となって
いたことに驚きました。2013年6月から500MBのバンドルクー
ポンが付くようになっているので、安心しましたが、添付資料
は早めに新しくしておかないと、騙されたと思ってしまうと
ころです。
http://www.iij.ad.jp/news/pressrelease/2013/0426.html
[ 2013/09/09 10:00 ] スマートフォン | TB(0) | CM(0)

株価ミニチャートのブログパーツ
ITmediaFX iPad
アフィリエイト・SEO対策





Slenipher

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。