FD3Sとソフトウェアの備忘録 2013年10月










gogo.gs

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

応用情報処理試験の模擬試験 

 応用情報処理試験の前に模擬試験による腕試し

大原の公開模試http://www.o-hara.ac.jp/moshi/#joho
価格:6,000円
回答に解説付き。

アイテックの公開模試http://www.itec.co.jp/learner/examination/index.html#sec02
価格:3,675円
回答に解説付き。

スポンサーサイト
[ 2013/10/24 10:00 ] 各種IT資格試験 | TB(0) | CM(0)

自炊代行業者を使用しない自炊省力化 

 スマートフォンやタブレットが普及し、いつでもどこでも電子書籍が利用できるようになったことと、これまで本として手に持てるサイズまでのものを1冊程度しか持ち歩けなかったものが、何冊もスマホやタブレットに入れて持ち運べる。クラウドストレージを利用すれば、持ち歩ける冊数に制限はなくなる。 
 
 本をデジタルデータ化する最初の切っ掛けは、書棚スペースが限界となり、今後あまり読まないと思われるものをデジタルデータ化しようと考えたことから始まった。いろいろ吟味して段ボール1箱づつ自炊代行業者に送ってデジタル化をおこなってもらっていた。そこにきて自炊代行業者の著作権違反の問題が突如浮上してきてから、本の奥付には、自炊代行業者による自炊は、著作権違反との文言が追加されるようになった。これからというもの自炊代行業者を利用することができなくなった。
 自炊代行業者を利用するのは、自炊をおこなうためには、裁断機とドキュメントスキャナが必要で、裁断機がことのほか大きいため収納が難しいことや裁断機・ドキュメントスキャナの価格が高いことが理由で、安価な自炊代行業者を利用するに至った。
[ 2013/10/23 10:00 ] 自炊 | TB(0) | CM(0)

7mm厚SSDを9.5mm厚にする方法 

 今販売されているSSDのほとんどが7mm厚となってしまい、今所有しているノートPCが9.5mm厚のHDDを利用している場合、7mm厚のSSDを実装することができない訳ではないが、2.5mm分の隙間ができてしまいSSDが固定できないことになる。
 9.5mm厚のSSDを買えばこの問題はないが、種類が少ない。
実際現時点で購入できる9.5mm厚のSSDとなると下記製品くらいになる。

SSD 256GB SATA3 PX-256M5S

SSD 256GB SATA3 PX-256M5S

価格:18,440円(税込・送料別)
あきばお~ヤフーショップ

SSD 256GB SATA3 PX-256M5S

SSD 256GB SATA3 PX-256M5S

価格:17,680円(税込・送料無料)
e-zoa.com
intel/インテル  SSD 335シリーズ 240GB SSDSC2CT240A4K5

intel/インテル SSD 335シリーズ 240GB SSDSC2CT240A4K5

価格:17,850円(税込・送料無料)
murauchi.co.jp
335 Series SSDSC2CT240A4K5

335 Series SSDSC2CT240A4K5

価格:17,319円(税込・送料無料)
セブンスター貿易
東芝 2.5インチ SSD THNSNH256GBST

東芝 2.5インチ SSD THNSNH256GBST

価格:31,040円(税込・送料無料)
ドリームランドNEO
THNSNH256GBST

THNSNH256GBST

価格:21,700円(税込・送料別)
e-zoa.com


 これらの製品でもHDDに比べて、格段の性能アップを見込めるので購入しても期待w裏切ることはないだろう。
ただし、最新のSSDを利用したい場合には、7mm厚が主流となった今、9.5mm厚のHDDから7mm厚のSSDに変更する場合には、なんならかも方法を講じなければならない。
[ 2013/10/22 10:00 ] 自作PC | TB(0) | CM(0)

Windows 7 DSP版の終焉迫る? 

 Windows 8.1のパッケージ販売が開始されると同時にWindows 7のパッケージ販売終了日が2013年10月31日に設定されました。

Windows 8.1パッケージ版の価格発表 10月18日発売

 デスクトップパソコンやノートパソコンでWindows 8を利用する気になれないため、当面はWindows 7のDSP版を活用しようと考えているが、ここに来てWindows 8を売りたいMicrosoftの戦略からWindows 7のDSP版も風前の灯火になっているように思えて来ました。
Windows ライフサイクルのファクト シート
[ 2013/10/09 10:00 ] Windows | TB(0) | CM(0)

ドコモ ドコモ中心設計の失望性 

 ドコモ純減のニュースが飛び交う現在、ドコモの方針に懐疑的なというところよりも、決定的にドコモの方針はマーケティングの常道を逸しているというべきところにきている。
 それがユーザ中心のハード・ソフト・サービスを含む情報機器設計をすべきところを、ドコモ中心のハード・ソフト・サービスを含む情報機器設計に軸足を置いていることから、ユーザを引き留めることができないと言えるのではないだろうか。
 
 ユーザ中心の設計の必要性では、日常生活に必要とされる遍在する情報機器の利用についての調査、ユーザの生活の中の認知的情報機器であるスマートフォンの利用の観点から調査し、設計することが重要となってくる。

 遍在する情報機器は、スマートフォンだけではなく、タブレット・ultrabook・ノートパソコン・Androidスマートフォン・iPhoneだけでなく、フィーチャーフォン・MVNOの利用も含めたモバイル端末の環境について、ドコモは調査する必要があるが、ドコモ利用者のスマートフォンとフィーチャーフォンの比率は、61,772.0対29,228.5(単位は千)となり、ドコモの全契約者数に占めるiモード携帯比率は47.32%である。様々なモバイル情報機器との競争の中で、今後スマートフォンの比率は上がるだろうが、スマートフォン以外の端末についてのユーザへの新しいサービス展開の動きが一切ないどころか、ARPUに貢献できないフィーチャーフォンでは、拡大を続けるソフトバンクに対抗するためにも必要だとは思うが、これまでドコモを利用してきたユーザにスマートフォンへの切り替えを推し進める姿勢は、ドコモ中心設計と言わざるを得ない。

 スマートフォン1本の競争だけでなく、ユーザは、スマートフォンとフィーチャーフォンの2局化で推移するのではないだろうか、スマートフォンがなければ、ユーザの求める課題を解決することができないのではない。利点は、スマートフォンがあれば、場所を選ばずに課題を解決する時間を含めた資源を効率的に活用することができることだ。移動時間や屋外での待ち時間・レジャーなどの外出時間などで、スマートフォンを利用すれば自宅のパソコンを利用する時と同じように情報にアクセスすることができる。ただし、これは本来の目的ではない。何かをするために移動したり、待っていたりする訳で、十分な検討が必要ならば移動しながらや待ち時間にスマートフォンで確認することは、準備不足であると言わざるを得ない。レジャー中にスマートフォンばかり操作していると、本来のレジャーを楽しむこともないだろう。

ドコモが過去最大の純減、MNPも13万の転出――9月の契約数 
ドコモ 契約数月次データ 
[ 2013/10/08 10:00 ] スマートフォン | TB(0) | CM(0)

Bay Trail-Tで生まれ変わったAtom Z3000シリーズ 

 impress watchの解説でもわかるように今回発表されたAtom Z3770(Silvermont/Bay Trail/4コア)の性能は、現在スマートフォンでよく利用されているSnapdragon 800(MSM8974)を3D描画以外はすべて凌駕している。しかもCore i5-4200U(Haswell) との性能比較では、物理演算性能ではほとんど互角になっている。
 3DのCAD・ゲーム・映像制作などを駆使する人でなければ、Atom Z3770搭載のタブレットは、低価格で高性能なCPUに仕上がっており、intelのタブレット市場への本格的な攻勢が始まったことが見て取れる。

■CPU、GPU性能が桁違いに向上したBay Trail
■Intel、タブレット向けクアッドコアの「Atom Z3700」  
[ 2013/10/05 10:00 ] PCパーツ | TB(0) | CM(0)

種類の少なくなったUXGAもしくはWUXGAのモニタ 

 解像度がUXGA(1600×1200)やWUXGA(1920×1200)の販売は
あることはあるが、あまり種類が多くなく、値段も高額になって
しまっている。値段が高額が故に、プロ用として販売されている
ことが多く、あまり一般的ではなくなってしまっている。
 しかし、資料作成、プログラミング等でも縦方向の解像度が
高いほうが作業がし易いことはあきらかだ。
 
 デイトレードをする場合には、解像度をフルHDにしてマルチ
モニタにするほうが良いだろうが、そうでなければ、UXGA以上の
解像度のモニタにするほうが作業性は高いと考える。

WQHD (Wide-Quad-HD)(2560×1440)などの更に高い解像度を
誇る製品もでてきているが、グラフィックカードの仕様上利用でき
ない場合もあるが、ここまで必要とするのは映像関係の作業をし
なければ必要ないだろう。

画面解像度wiki
[ 2013/10/04 10:00 ] 気になる商品 | トラックバック(-) | コメント(-)

株価ミニチャートのブログパーツ
ITmediaFX iPad
アフィリエイト・SEO対策





Slenipher

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。