FD3Sとソフトウェアの備忘録 2014年08月










gogo.gs

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

データディスクとしての選択肢ST3000VX002 

 データ保存用のドライブとして、SeagateのSurveillance HDD 3TBハードディスク・ドライブ ST3000VX002 を狙っていた。
 現在利用中のST31000528ASの容量が逼迫してきたこともあり、調べていたところツクモから販売されているST3000VX002の値段と送料無料といったところから狙っていたのだが、完売してしまった。生産終了品ではないため、再度販売されるまで待つ。
 
 一応データ保存用ドライブ購入候補選択の経緯。
1.MTBF 100万時間以上
 候補 ◎HGST Deskstar NAS
     ◎WD WD Red or WD Red Pro or Black
     ◎Seagate Surveillance HDD
2.容量2TB over
 候補 ◎HGST Deskstar NAS 0S03663
     ◎WD WD Red WD20EFRX Idle mode 23 dBA Seek mode 24 dBA
     ◎WD WD Red Pro WD2001FFSX Idle mode 31dBA Seek mode 34 dBA
     ◎Seagate Surveillance HDD ST3000VX002 / ST3000VX000 / ST2000VX000

3.RV(耐回転振動)センサー搭載
 候補 ◎HGST Deskstar NAS 0S03663
     ◎WD WD Red Pro WD2001FFSX
     ◎Seagate Surveillance HDD ST3000VX002
4.静音性
 候補 ?HGST Deskstar NAS 0S03663 Idle mode 不明dBA Seek mode 不明 dBA
     ×WD WD Red Pro WD2001FFSX Idle mode31dBA Seek mode 34 dBA
     ◎Seagate Surveillance HDD ST3000VX002  Idle mode 24dBA Seek mode 26dBA

 WD WD Red Pro WD2001FFSXは、エンタープライズ仕様ということもあり、騒音面で候補となりえない。  
HGST Deskstar NAS 0S03663は、カチカチ音がするらしいことと、他のDeskstarのHDDを利用した際、動作音は静かだったももの振動が激しかったことを考えると、今回もHGSTは候補としては除外される。残るSeagate Surveillance HDD ST3000VX002を選択。しかし、1万3千円台だった価格が一気に高騰してしまい1万5千円台に乗せてしまった。半月ほどすればまた1万3千円台に戻ってくることを期待し今は様子見。
 円安基調になっているため、当面1万3千円台に戻す可能性が低いが、HDDよりもSSDに関心が移っているなかで、HDDの価格下落があるのではないだろうかと期待。また高価格帯ではあるが、この商品の売れ行きは好調のようで、そんなに価格が下落しないとも見て取れる。意外とこの信頼性の高いSeagate Surveillance HDD ST3000VX002 は人気があるようだ。

Seagate ST3000VX002 《送料無料》
3.5インチ SerialATA 6Gb/s 5900rpm 64MBキャッシュ
商品スペック
容量3TB回転数5900rpm
インターフェイスシリアルATA 600バッファ64MB
パッケージバルク品
TSUKUMO 商品詳細バッジ で 2014-08-30 に生成しました



Seagate Surveillance HDDシリーズ 3.5inch SATA 6Gb/s 3TB 5900rpm 128MB 4Kセクター 目安在庫=△

シーゲイト ST3000VX002 Surveillance HDDシリーズ 3.5inch SATA 6Gb/s 3TB 5900rpm 128MB 4Kセクター

シーゲイト ST3000VX002 Surveillance HDDシリーズ 3.5inch SATA 6Gb/s 3TB 5900rpm 128MB 4Kセクター
スポンサーサイト
[ 2014/08/30 20:00 ] 自作PC | トラックバック(-) | コメント(-)

MVNOに最適なスマホ(白ロム) 

 MVNOを利用したスマホのセット商品が各社から発表されるようになり、MVNOの言葉を知らなくても、格安スマホという定義でMVNOの存在の認知度が高まってきている。
 しかし、どの格安スマホを見ても、現行の大手キャリアから販売されているスマホに比べると非力としか言いようがないし、ROM容量も少ないことから、インストールしてみたいアプリも満足に試すことができないなどのデメリットもある。そんなことから、格安スマホはこれまでスマホを所有していない層へのアプローチが多いのは、スマホの維持費が高いことで、ガラケーからの切り替えをおこなっていなかった層などをメインのターゲットにしている。また、これまで大手キャリアの古いスマホを利用している層にも利用頻度によっては、格安スマホへの切り替え対象の層に加わることになるかもしれない。

 しかしながら、実際には、格安スマホの年間費用を計算してみるとそうでもない。
  比較条件を合わせる意味で3G音声通話ができることを前提として比較する。
企業プラン通信容量基本使用料端末代金(24分割)月々の支払金額年間の支払金額2年間の支払金額
Y Mobileスマホプラン S
(MNP利用)
1GB3,218円828円4,04648,552円97,104円
イオンリテールイオンスマホ1GB1,458円680円(初回689円)2,138円28896円
[25,656円
+3,240円
(SIMカード代)]
54,552円
[51312円
+3,240円
(SIMカード代)]
freebit mobile

基本プラン+

3G音声オプション

条件付き
無制限
2,109円1,080円3,189円41,508円
[38,268円
+3,240円
(SIMカード代)]
79,776円
[76,536円
+3,240円
(SIMカード代)]
U-mobile

Ascend G6
×
U-mobile
通話プラス 1GB

1GB1,706円1,341円3,047円39,804円
[36,564円
+3,240円
(SIMカード代)]
76,368円
[73,128円
+3,240円
(SIMカード代)]

 iijのSIMカードのみの販売のケースは以下のようになっている。iijの場合、SIMカードだけの提供であるため、スマホは各自で用意する必要がある。この端末を別途ユーザが用意しないといけないことがネックになるのかもしれないが。Amazonでも売ってるし。ヤフオクでも売ってるので、そこまで敷居は高くないが、程度の良いスマホを得るには多少金額が高くなるが、格安スマホの2年間の縛りとの差額を考えればトータルではお得に利用することができる。
 意外だったのは、iijと白ロムスマホを組み合わせても、イオンスマホの安さには勝てないことが分かった。
 ただし、イオンスマホのスペック、Android 4.4採用だけどROM : 4GB /DDR2 RAM : 512MBという低スペックに満足いくかが心配ですが。如何せんROM 4GBの容量はアプリが満足にインストールできないはず。
企業プラン通信容量基本使用料端末代金(24分割)月々の支払金額年間の支払金額2年間の支払金額
iijみおふぉん1GB1,728円端末提供なし。1,728円23,976円
[20,736円
+3,240円
(SIMカード代)]
44,712円
[41,472円
+3,240円
(SIMカード代)]

iijのみおふぉんと格安スマホの2年間の支払総額の差額を計算すると次のようになる。

Y Mobile スマホプランS [97,104円]- iij みおふぉん[44,712円] = 52,392円
イオンスマホ [54,552円] -  iij みおふぉん[44,712円] = 9,840円
freebit 基本プラン+3G音声オプション[79,776円] -  iij みおふぉん[44,712円] = 35,364円
 U-mobile Ascend G6×U-mobile通話プラス 1GB[76,368円]-  iij みおふぉん[44,712円] = 31,656円

 
 白ロムスマホが3万以下で手に入れられれば、iij+白ロムスマホを選択したほうが快適なスマホライフを享受できるのではないだろうか。ただしイオンスマホの安さには勝てない。ROM 8GBはこれまで体験したことがあるが、ROM 4GBの世界を体験したことがないので、この低スペックに堪えられるユーザがどれだけいるのか疑問が残る。
[ 2014/08/10 10:00 ] スマートフォン | TB(0) | CM(1)

バッファローの無線LANルーターにDNSアンプ攻撃を許す脆弱性 

該当製品は「WHR-300HP2シリーズ」「WHR-600Dシリーズ」「WMR-300シリーズ」の3機種にDNSアンプ攻撃を許す脆弱性があるとの報道。対策済みファームウェアは既に提供済みのようだ。
家庭用ルーターにDNSアンプ攻撃を許す脆弱性、バッファローが更新呼び掛け
 
 昨年にヤマハのルーターでDNSアンプ攻撃に対する脆弱性が発見されていたので、またかという感じですが。
複数のブロードバンドルータがオープンリゾルバとして機能してしまう問題2013/09/19
オープンリゾルバー(Open Resolver)に対する注意喚起について
[ 2014/08/06 10:00 ] Security | TB(0) | CM(0)

株価ミニチャートのブログパーツ
ITmediaFX iPad
アフィリエイト・SEO対策





Slenipher

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。