FD3Sとソフトウェアの備忘録 2015年06月










gogo.gs

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Docomoスマートフォン(白ロム)価格調査 

 Xperia Z4が2015年6月10に発売、Xperia A4が2015年6月18日に発売。
これに伴って、Xperia前世代機種が値下がりしている。
    
  Zシリーズも第五世代となり、Android 5.0[lollipop]にバージョンアップしたこともあり、
今更Android 4を買うことは、セキュリティ上問題もあるだろうし、ここは、Lolipopに
root取らずにバージョンアップできる機種を選定したい。

ドコモからの発表によると、Xperia Z4を除いて、Xperiaシリーズの内
Xperia Z2 SO-03F,
Xperia Z2 Tablet SO-05F,
Xperia Z3 SO-01G,
Xperia Z3 Compact SO-02G
の4機種のXperiaがlollipopにバージョンアップできるようだ。
【Docomo】Android(TM) 5.0へのバージョンアップ予定製品について
なんとXperia A2が入っていない。

 そうなると、Xperia Z3 Compact SO-02Gしか候補になり得ない。

Xperia Z4には、初期不具合が頻発しているようで、まだまだlollipop対応には、時間がかかる模様。
【RBB Today】ドコモ「Xperia Z4 SO-03G」に再度の不具合、最新アップデート提供

 そういった意味でも、とりあえずAndroid 4で運用してlollipopが安定したころに
バージョンアップできるXperia Z3 Compact SO-02Gが最善の選択に思えるのだが。


ドコモ:スマートフォン2015夏価格調査  

 Xperia A2が3万円を割ることもあったが、現在の状況を考えると当分3万円を切る値段まで落ちてくることこはないだろう。
3万5千円~4万円の間で推移してきた頃が買い時。

 Xperia Z1 fの未使用品在庫がほぼ無くなっているようだ。大体販売から2年を経過する前に未使用品在庫はなくなる模様。
これから未使用品がでてきたとしてもプレミアが付いてしまうこともあるが、今更敢えてXperia Z1 fを買うことも無いだろう。



スポンサーサイト
[ 2015/06/22 09:00 ] スマートフォン | トラックバック(-) | コメント(-)

そろそろメインPC交換部品入手状況を調査 

CPU:2th Core i5 2500
http://ark.intel.com/ja/products/52209/Intel-Core-i5-2500-Processor-6M-Cache-up-to-3_70-GHz
M/B:P8H67-M EVO
https://www.asus.com/jp/Motherboards/P8H67M_EVO/
Graphics:ELSA GLADIAC 796 GT V2 512MB
http://www.elsa-jp.co.jp/html/products/graphicsboard/gladiac_796_gt_v2/index.html

負荷がかかる作業はコンパイル程度。データベースが遅いのは、仕方がない。
自作して2年を経過してたが、全然問題ない。

ただ故障する可能性があるので、パーツの購入できるかどうか調べてみた。

CPUは今でも中古で入手できるが、それ以外は難しい状況。

一番壊れそうなマザーボードだが代替としてP8Z77-M PRO
で調べてみたが、中古でもヤフオクくらいしかない。
http://www.asus.com/jp/Motherboards/P8Z77M_PRO/

 壊れないことを祈るしかない状況だが。Windows 10もリリースされる
のと、MS SQL Server 2012がインストールできないなどの問題もでてきて
いるのでOSのクリーンインストールしたいことも重なり、そろそろ更新する
時期に来ている。
----------------------------------------------------------------------
PCを更新するにあたり現行CPU Core i5 2500でパフォーマンス上問題ないので、
このスペックに近いCore i5 4thシリーズをCPUBOSSで調べてみた。

Core i5 2500Core i5 4460Core i5 4440SCore i5 4570Core i5 5575R
Performance6.76.86.96.9
Single Core Perf8.78.98.79.1
CPUBOSS Score7.47.67.67.7
Lower typical power consumption77.19W68.25W52.81W68.25W
Passmark(SC)1857195818592068
Clock speed3.3GHz3.2GHz2.8GHz3.2GHz2.8Ghz
Turbo clock speed3.7GHz3.4GHz3.3GHz3.6GHz3.3Ghz
ScoketLGA1155LGA1150LGA1150LGA1150BGA1364
Price29,90022,77824,27926,331$244.00

消費電力をみると2~3割削減されていることが分かるが、
それ以外で特にパフォーマンスが向上するという訳では
ないことが分かる。

これだと、今あるCore i5 2500を大事に使ったほうがよい
のだが、故障した際の修理部品が新品で手に入らないため、
更新するなら、既に第五世代になろうとしているが、
せめて第四世代くらいで技術的にキャッチアップすることで
手を打つしかない。

値段とスペックを比較してCore i5 2500からのアップグレード先
は、価格的にCore i5 4460が限界だ。
----------------------------------------------------
CPU:Core i5 4460                      ¥22,778
M/B:ASUS H97M-PLUS                 ¥10,333
Graphics:ELSA GeForce GTX 750 1GB S.A.C   ¥13,799
----------------------------------------------------
小計                                 46,910円
----------------------------------------------------
Windows 10 Pro 2015年8月31日(月)発売予定      149.99ドル(約1万8750円)
----------------------------------------------------
合計                                                                          65,660円


マルチモニタを止めれば、グラボが削れるのだが。

ドル円換算は125円/Doller。
参考
「Windows 10 Home」「Windows 10 Professional」のOEM版価格が判明
[ 2015/06/12 09:00 ] 自作PC | トラックバック(-) | コメント(-)

株価ミニチャートのブログパーツ
ITmediaFX iPad
アフィリエイト・SEO対策





Slenipher

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。