FD3Sとソフトウェアの備忘録 第二回 基本/応用情報処理試験演習










gogo.gs

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

第二回 基本/応用情報処理試験演習 

第二回 基本/応用情報処理試験演習

演習3.DBMSにおけるデッドロックの説明として、適切なものはどれか。

ア.2相ロックにおいて、第1相目でロックを行ってから第2相ロックを解除するまでの状態のこと。
イ.ある資源に対して占有ロックと占有ロックが競合し、片方のトランザクションが待ち状態になること。
ウ.あるトランザクションがアクセス中の資源に対して、ほかのトランザクションからアクセスできないようにすること。
エ.複数のトランザクションが、お互いに相手のロックしている資源を要求して待ち状態となり、実行できなくなること。


演習4.著作権法によるプログラムの保護に関する記述のうち、適切なものはどれか。
ア.他人の著作物であるプログラムを購入し、自社のパソコンでより効率的に利用するために改変を加えることができる。
イ.特に許可されていない場合、バックアップが目的であっても、購入したたプログラムを複製すると著作権違反となる。
ウ.プログラムの著作権を侵害して作成された複製物を使用する場合、
複製物を取得したときに侵害の事実を知らなくても、使用時点で知っていれば、著作権法違反となる。
エ.プログラムは、そのアルゴリズムも含め、著作権法によって著作物として保護される。



第一回 基本/応用情報処理試験 演習回答

演習1.データベースの不正利用を防止する方法として有効なものはどれか。

ア.アクセス権の設定。
イ.一貫性維持の制御。
ウ.データのカプセル化。
エ.ファイルの2重化。

回答ア
ア.正解
イ.一貫性の維持はデータベースの信頼性できるために必要。
ウ.データのカプセル化は、データの独立性を高めるために必要。
エ.障害発生時の回復処理に必要。


演習2.SAML(Security Assertion Markup Language)を説明したものはどれか。
ア.webサービスに関する情報を広く公開し、それらが提供する機能などを検索可能とするための仕組みを定めたもの。
イ.権限のない利用者による傍受、読み取り、改ざんから電子メールを保護して送信するためのプロトコルを定めたもの。
ウ.デジタル署名に使われる鍵情報を効率よく管理するためのwebサービスプロトコルを定めたもの。
エ.認証情報に加え、属性情報とアクセス制御情報を異なるドメインに伝達するためのwebサービスプロトコル。

回答エ
ア.UDDI(Universal Description,Discovery,and Integration)の説明
イ.S/MIME(Secure Multipurpose Internet Mail Extensions)の説明。
ウ.XKMS(XML Key Management Specification:XML鍵管理サービス)の説明。
エ.正解。

資格取得
スポンサーサイト
[ 2009/01/19 17:00 ] IPA | トラックバック(-) | コメント(-)

株価ミニチャートのブログパーツ
ITmediaFX iPad
アフィリエイト・SEO対策





Slenipher

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。