FD3Sとソフトウェアの備忘録 新型インサイトと新型プリウス










gogo.gs

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

新型インサイトと新型プリウス 

 本田技研工業が、誰も買えないエコカーより「誰でも手にできる車こそが意味がある。」
とのキャッチフレーズにちょっとキャッチされてしまった。

 ホンダが2月6日にハイブリットカー「インサイト」を投入する。
 先代「インサイト」は2人乗りだったため、人気化せず消滅。
後に発売された「シビックハイブリッド」も全く人気にならなかった。
高いイメージがあるし、パフォーマンスの割に高いイメージだ。
 結果としてハイブリットカーと言えばトヨタの「プリウス」でイメージ
が固まってしまった。そこを打破するための「インサイト」投入だ。
 ミニバンメーカー=ホンダのイメージにエコが追加されるかどうか
調査してみた。それを漫然と受けるトヨタでもなく、新型プリウスを
投入して迎え撃つ。



まずは価格。

新型インサイト
価格:190万円台

新型プリウス
価格:約233万円~

値引きがどうなるのか全く判らないけど、30万円の差があるとカーナビ搭載
のオプション装着を考えた総額で考えるとインパクトがあるような気がする。
値段も大事だけど、やっぱり車のパワーは気になる。非力すぎるとちょっと嫌だ。


仕様
新型インサイト
燃費 市街地:17km/L 高速18.3km/L 複合:17.4km/L
燃料タンク:40L
排気量1.3リットル
※燃費はわずかに新型プリウスを下回るらしい。
最高出力:98HP(73kW)/5800rpm
最大トルク:167.3Nm/1000-1500rpm

新型プリウス
燃費 市街地(2代目):20.4km/L 高速(2代目)19.1km/L 複合(新型):21.3km/L (39km/L)
燃料タンク:
排気量1.8リットル
最高出力:100kW(134HP)
最大トルク: エンジン出力 142N・m モーター出力 207N・m
※プリウスは、先代同様に高速運転に弱いところは改善していないようだ。

結構仕様は拮抗している。
街乗りとしては、トルクが低回転で出ているほうがいいから、インサイト良い所付いてる。
プリウスのトルク特性ってどんなんだろう?


居住性は、わからないけど、ボディサイズで比較すると
新型インサイト
全長4376×全幅1694×全高1427mm
新型プリウス
全長4460×全幅1745×全高1490mm
やっぱり掴みどころが判らない。実際見て乗ってみないと居住性は判らない。

ホンダは、2012年までに4種類のハイブリッド車を投入する予定。
インサイトはその1台。

スポンサーサイト
[ 2009/01/19 09:00 ] クルマ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yukizasa2007.blog115.fc2.com/tb.php/113-d76bbfe7



株価ミニチャートのブログパーツ
ITmediaFX iPad
アフィリエイト・SEO対策





Slenipher

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。