FD3Sとソフトウェアの備忘録 今後の選択










gogo.gs

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

今後の選択 

 OECDの「エコノミックアウトルック85」によれば、日本の債務残高はGDP比で200%を越えた。
日露戦争でも太平洋戦争でもそこまで上昇させずに乗り越えてきた。
 戦争によってハイパーインフレで、紙幣の価値がゼロになってしまった戦後だから、
もう一度敗戦しないといけないのかもしれない。否もう敗戦なのかもしれない。

 新しい価値を創造し、技術立国を今後も目指す。少子化なのに、海外に技術が流出していて
韓国・中国に追いつかれそうになったりしているのに。
 
 バイオ・EV・太陽光発電・風力発電・次世代電池など、一位を形成したとして、市場を掘り起こ
して、それから他国のメーカーが押し寄せて、市場シェアが逆転する。シャープの液晶テレビの
シャアを見れば明らかだ。太陽光発電は、ドイツのQ-Cell社がトップなんではないだろうか。
 
 技術だけでは勝てないところがあるのではないだろうか?
負けた理由が買いているところが全くといって無い。
 コンサルが入っているのだろうけど、世界じゃ歯が立たない。

 結局このままだと負け続ける。EVで勝てる可能性はあるのだろうか。普通なら電機メーカーが
自動車を作っても良いはずだが、日本のクルマ販売の量がある柵から結局手がだせない。

 結局国内にしか目が向かないから、Panasonicとか作らない。

 シャープの負けた理由は、ボリュームゾーンを間違えたことが大きいだろうし、まだ解消できて
いないから、他のメーカーも同じ。韓国に出来て日本にできないのは、ちょっと見習うしかない。

 Q-cells社はドイツ政府の政策によるところが大きいから、日本の政府に・・・・。
期待できないが、韓国だって政府からの集中投資があるし、それが有効に働いている。
日本のばらまきだと、会社の力だけで世界と戦わないといけないが、サムソン・LGとかなり差を
付けられてしまった今では自己努力だけでどうにかなるレベルなのだろうか?
 工作機器では韓国は、日本の良いお客さんだけど、今はそこに韓国も力を注いでいるし、日本の
定年退職者が韓国で技術指導しているところを見ると、韓国が工作機械を作れる日も近いかもしれない。

 「テクノロジーが日本を支える」ってどうしても幻想にしか思えない。
最新テクノロジーよりボリュームゾーンにマッチしたコストで作れて、ニーズに合っているかで
あって、最新テクノロジーだけが声高にいうのは、郵政民営化みたいで分かり易いけど、やっぱり
おかしい。
 結局今のように日本がシェア落としたのは、テクノロジーが落ちたからじゃないでしょうに。
 もっと違うところに落ち度があったはずだ。



 
スポンサーサイト
[ 2010/04/30 09:00 ] MISC | トラックバック(-) | コメント(-)

株価ミニチャートのブログパーツ
ITmediaFX iPad
アフィリエイト・SEO対策





Slenipher

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。