FD3Sとソフトウェアの備忘録 sandy bridgeの発売は2011年1月9日か?










gogo.gs

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

sandy bridgeの発売は2011年1月9日か? 

 sandy bridgeの発売は1月5日のローンチからではなく1月9日のようだ。

http://en.wikipedia.org/wiki/Sandy_Bridge_(microarchitecture)

 Core i5には、ハイパースレッティングは搭載されないことが、まず目に付く。
 知らなかっただけだが、今どきは低電力版の方が高んだ。
たかが数ワット。されど数ワットなのか。

 2万円を切って販売されれば【Core i5-2500S】が狙い目だけど。
2万以上はするだろうという予想から、【Core i5-2400S】を購入
するのかなぁ。結局値段次第。
 円高効果を発揮してロープライスで販売して欲しいが、プレミアが
最初は付いてくるから2500Sは高いかな。
【Core i5-2400S】で落ち着きそうな感じがする。

ただし、体感スペック次第では【Core i5 2390T】が気になる。
Core i5唯一のディアルコアではあるが、スペック差が実際には
その他のCore i5と大差ないのに、この低電力は魅力があると思う。
ただCore i5 2390TはモニタPC一体側もしくはSFF(Small Form Factor)をターゲットにしている
ようなので、一般的に販売されるものなのか不明。

 現在Core Quad Q6600 クアッドコアを使っているが、はっきり言ってその性能をフルに
享受できないし、ディアルコアと大差ないくらいしか使わないから
オーバークロッカーな人・エンコードしまくりの人・ネトゲな人
でい限り、8スレッドもあるCore i7は宝の持ち腐れ。


 通常、webやメール&OfficeだったらCore i3かCore i5 2390Tあたりの選択が最適だろう。
でもCore i3=Celeronという構図が頭の中でできあがっているので、Core i3はパス。
だから、人に勧めるなら無難なところで【Core i5 2390T】かな。
 【Core i5 2390T】の体感スペックが高ければ、人気化するかもしれない。

 私の場合、コンパイルが早くなって欲しいところではある。特にVisual Studio 2008Pro
のコンパイル時間が長い。Eclipseには不満なしなんだけど。
 来年は2年ぶりの自作を予定しているので楽しみです。
 
ブランドプロセッサナンバーgraphics sub-systemCPUベースクロックCPU TB時最高クロックGraphicsベースクロックGraphics TB時最高クロックコア数L3キャッシュTDP倍率アンロックHT対応vPro対応AES-NI対応価格$/Yen
Core i72600KIntel HD Graphics 200 (12 EUs)3.4GHz3.8GHz850MHz1350MHz48MB95W-$317/28,530円
Core i72600Intel HD Graphics 200 (12 EUs)3.4GHz3.8GHz850MHz1350MHz48MB95W-$294/26,460円
Core i72600SIntel HD Graphics 100 (6 EUs)2.8GHz3.8GHz850MHz1100MHz48MB65W-$306/27,540円
Core i52500KIntel HD Graphics 200 (12 EUs)3.3GHz3.7GHz850MHz1100MHz46MB95W--$216/19,440円
Core i52500Intel HD Graphics 200 (12 EUs)3.3GHz3.7GHz850MHz1100MHz46MB95W--$205/18,450円
Core i52500SIntel HD Graphics 100 (6 EUs)2.7GHz3.7GHz850MHz1100MHz46MB95W--$216/19,440円
Core i52500TIntel HD Graphics 100 (6 EUs)2.3GHz3.3GHz650MHz1250MHz46MB45W--$216/19,440円
Core i52400Intel HD Graphics 100 (6 EUs)3.1GHz3.4GHz850MHz1100MHz46MB95W--$184/16,560円
Core i52400SIntel HD Graphics 100 (6 EUs)2.5GHz3.3GHz850MHz1100MHz46MB65W--$195/18,550円
Core i52300Intel HD Graphics 100 (6 EUs)2.8GHz3.2GHz850MHz1100MHz46MB95W--$177/15,930円
Core i52390TIntel HD Graphics 100 (6 EUs)2.7GHz3.5GHz650MHz1100MHz43MB35W-$195/17,550円
Core i32120Intel HD Graphics 100 (6 EUs)3.3GHz-850MHz1100MHz23MB65W---$138/12,420円
Core i32100Intel HD Graphics 100 (6 EUs)3.1GHz-850MHz1100MHz23MB65W---$117/10,530円
Core i32100TIntel HD Graphics 100 (6 EUs)2.5GHz-650MHz1100MHz23MB35W---$127/11,430円


Sandy Bridgeでは、プロセッサナンバーは通常は4桁、
省電力版には4桁に加えてプラス1文字で構成される。

Core i5 2500Sの場合、
最初の2:Coreの第二世代
600:モデル番号
K:アンロック版
S:65W版の低消費電力版
T:45/35W版の低消費電力版



スポンサーサイト
[ 2010/12/13 09:00 ] 自作PC | トラックバック(-) | コメント(-)

株価ミニチャートのブログパーツ
ITmediaFX iPad
アフィリエイト・SEO対策





Slenipher

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。