FD3Sとソフトウェアの備忘録 Windows 7/Windows Vistaの必須ネットワークチューニング










gogo.gs

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Windows 7/Windows Vistaの必須ネットワークチューニング 

 Windows 7/Windows Vistaでは、通信のウィンドウサイズが自動調整される
ようになっているが、デフォルトでこの設定が有効になっているため、
ウィルスバスター20xxのパターンファイルのアップデートが何日もかかるよう
になってしまったりする。

 SNP(Scalable Networking Pack)と言うネットワーク最適化機能が有効化
されていることが原因だ。この機能は、今後利用する環境がSNPを実装して
からでないと最適に働くどころか、逆の方向に働いてしまう。 

 Windows VistaからSNP(Scalable Networking Pack)というネットワーク
を最適化機能がデフォルト有効化されている。
 SNPが有効化されることやWindowsXPでは通信のウィンドウサイズが固定
であったものが自動調整することによってウィルスバスターのアップデート
が数時間から数日かかってしまうことが発生する。

 まずは、SNPとは簡単に説明すると機能としてはすばらしい機能だと思う
が実際にはその効果は逆の方向にでてくる場合がある。


■Receive Side Scaling(RSS)状態
 受信制御をマルチコアで分担する機能。

■Chimney オフロード状態
 ネットワーク制御をNICに負荷を分散させる機能。

■NetDMA(Network Direct Memory Access)
 NICからのメモリーへの直接アクセスする機能。

詳しくは次のページで把握するといい。
 http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20100824/351391/

------------------------------------------------------------------
 まずは現在のネットワーク制御の最適化の設定の確認からはじめます。
[コマンドプロンプト]のアイコンを右クリックして[管理者として実行]
を選択して[コマンドプロンプト]を実行
します。これをおこなわないと
次に続く設定変更のコマンドを受け付けてくれません。

netsh interface tcp show global

 実行すると次の結果がかえってきます。
netsh_int_tcp_show.png


 一見ネットワークの最適化をしている機能であるが、とってもやっかいなSNP機能
たち。どれが悪いのか検証する必要があるが、ネットワークが不調の場合は、SNP
を疑ってみることの大事だと思います。

■Receive-Side Scaling(RSS)状態の無効化

netsh interface tcp set global rss=disabled

■Chimney オフロード状態 の無効化
 
netsh interface tcp set global chimney=disabled

■Network Direct Memory Access(NetDMA)状態の無効化
netsh interface tcp set global netdma=disabled



次に受信ウィンドウ自動チューニング レベルだが、こちらが
ウィルスバスターのアップデートに直に影響を与えてくるので、
日本ではユーザ数が多いウィルスバスターのユーザの方は次の方法で
受信ウィンドウ自動チューニング レベル を無効としたほうがいい。

・受信ウィンドウ自動チューニングレベルの無効化(Window Vista)

netsh interface tcp set global autotuning=disabled
 
・受信ウィンドウ自動チューニングレベルの無効化(Window 7) 
netsh interface tcp set global autotuninglevel=disabled

※ちなみにウィルスバスター2012クラウドはパソコンの環境によって
 coreServiceShell.exeが暴走するバグがあるのでこちらも要注意。
http://esupport.trendmicro.co.jp/Pages/JP-2080013.aspx?print=true

 trend microサポートからcoreServiceShell.exe暴走の際には、
ウィルスバスターアンインストールツールを2回実行して、再インストール
することが唯一の回避方法らしいです。
http://esupport.trendmicro.co.jp/pages/JP-2080037.aspx

スポンサーサイト
[ 2012/03/01 10:00 ] Windows 7 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yukizasa2007.blog115.fc2.com/tb.php/272-5fadb85f



株価ミニチャートのブログパーツ
ITmediaFX iPad
アフィリエイト・SEO対策





Slenipher

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。