FD3Sとソフトウェアの備忘録 この夏の節電対策・計画停電対応










gogo.gs

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

この夏の節電対策・計画停電対応 

 夏の節電対策として一般的に高い電力消費から削るほうが節電効果が高い。
一番電力消費が高いのは家庭でも企業でも空調が電力の半分ほど消費している
場合が多い、このため夏場の空調の設定温度を28度、冬場は20度となって
いるところが多い。次に多いのが企業の場合、照明だったりするのだけれども、
最近はLEDに切り替えが進んできているが、LED照明への切り替えの負担も大きい
ことからまだ切り替えられていない企業も多いことだろう。このため間引き照明
にしたり、昼食時は消灯するなど、細かな節電が試みられている。

 パソコン・サーバ・ネットワークの企業での消費電力の割合は15%前後だと
いう統計があるが、空調や照明に比べると少ないが、パソコンの消費電力を下げ
ることで、パソコンから発生する熱量が減ることで空調設定温度が変わらなくて
も夏場温度を下げるための消費電力を下げる効果が見込める。

 最近のパソコンは、消費電力を下げることが強く意識されているので、5年前
のパソコンと今年のパソコンでは約50%の節電効果がある場合もある。
 5年前のパソコンと今年のパソコンでは性能は格段にアップしているにも関わ
らず、消費電力は下がっている傾向にあるので、故障の確率も高く、消費電力が
高い2005年以前のパソコンについては、そろそろ引退するべき時期にきている。

【マイクロソフトの Windows PC 節電策】 
http://technet.microsoft.com/ja-jp/windows/gg715287

【Optimal Green】(個人利用のみ)
http://www.optim.co.jp/products-detail/download/3613
パソコンの節電対策の具体案は次の2点です。

1.モニタの輝度を40%程度まで下げる。
  デスクトップパソコンの場合には、モニタのスイッチを操作して
  モニタ輝度を下げることができる。
  Windows 7のノートパソコンでは、[コントロール パネル]-[電源オプション]
  からモニタの輝度を調整することができるが、アバウトなので、できるだけ
  40%程度になるように設定する。

※注意:いろいろとモニタを見てきたが、バックライトが既に暗くなってしまって
    いる液晶モニタを使っている場合には、輝度40%では暗すぎるので、
    モニタの見やすさも考慮して調整したほうが良い。

2.会議や昼食で離席するときにはスリープ(スタンバイ)を活用しておいた
  ほうが良い。良くあるのがスクリーンセーバーだけ動作させている場合が
  あるが、液晶は消費電力の割合が高いので、スリープ(スタンバイ)にして
  おくとよい、スリープはWindowsを起動したままで、メモリなどの必要最低
  限の回路以外への電力供給をカットしてくれるため、メモリー上のデータを
  保持するだけの消費電力しか必要としないため、スクリーンセーバーをう動
  かすよりも効果的となります。また復帰時にはスリープ前のパソコンの状態に
  立ち上がるので、シャットダウンー再起動よりも作業にすぐに取りかかれる。

  
最新のパソコンでは人感センサーが付いているものがあり、離席時に自動的に
スリープにしてくれたり、消費電力が高いハードディスクから低消費電力の
SSDになったり、シャットダウンしていたも待機電力を限りなく低くするための
Ecoモードが付いていたり、最新パソコンでは上記2点の節電効果よりも更に
こまかく節電ができるようになっている場合がある。
 ここに来てハードディスクを持たないシンクライアントが若干盛り返してきた
ところもありますが、まだまだ従来型のパソコン(ファットクライアント)が主流
なので、小まめな節電が必要になってくると思う。

 計画停電が九州電力でおこなわれる可能性がでてきたので、前日の18時頃に
翌日の計画停電の計画をチェックする必要がある。
 九州電力http://www.kyuden.co.jp/

 計画停電の際に、あと少しシャットダウンの時間があればという時のために
簡易な無停電電源装置で停電までの猶予を確保するのも一つの手だと思う。

スポンサーサイト
[ 2012/06/29 10:00 ] Windows | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yukizasa2007.blog115.fc2.com/tb.php/275-23c36a7f



株価ミニチャートのブログパーツ
ITmediaFX iPad
アフィリエイト・SEO対策





Slenipher

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。