FD3Sとソフトウェアの備忘録 Windows 7用のコンシューマ向けのウィルス対策ソフトの評価一覧










gogo.gs

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Windows 7用のコンシューマ向けのウィルス対策ソフトの評価一覧 

 

 

Virus Bulletin

(Aug 2012)

AV Comparatives

Heuristic /
Behavioural Test
(Mar 2012)

ICSA Labs

(Sep 2012 )

AVG (Grisoft)OKADVANCEDPass
avast!OKADVANCED+-
ESET(NOD32 Antivirus 5)OKADVANCED+Pass
GDATAOKADVANCED+Pass 
KasperskyOKADVANCED+Pass
Kingsoft---
McAfeeOK-Pass
SymantecOK-Pass
Trend Micro-Lower AwardPass
SophosOKLower AwardPass

  Windows 7向けのウィルス対策ソフトの評価機関がだしている評価としては、
概略としては上表の結果となっている。
 ほぼ、日本で売られているウィルス対策ソフトやフリーで人気のウィルス対策
ソフトもそれなりの評価を得ているが、ウィルス対策だけではパソコンの環境が
安全であるかの保証にはなりえないが、各社とも未知のウィルス対策に効果が
あるヒューリスティックエンジンをほぼ搭載していることや、
(但しヒューリスティックエンジンの仕様は各社異なる。) フィッシング詐欺防護
やペアレンタルコントロール・一部のウィルス対策ソフトが アプリケーション毎
のリソースへのアクセスへの制限を搭載しているので、それぞれのウィルス対策
ソフトのの警告指示に従って利用する分には被害は小さく することができる。
 
 但し、Trend Microのウィルスバスターは、細かくアプリケーションの制限が
できないことに加え、上表の評価で賞に値しないとの判断が下されているので、
できるだけ購入するのを控えたい。 

 セキュリティ対策ソフト全般に言えることだが、利用者自身にセキュリティ対策
ソフトの設定やインシデントに対する判断を迫らなくなり、セキュリティ対策ソフト
はできるだけ黒子に徹して、ユーザの快適性を邪魔しないことしか見ていない
ような雰囲気が特にユーザ側にある。セキュリティ対策ソフトの評価機関の判断
基準にもデバイスのスキャン速度も評価の対象となっているが、あくまで評価
の一つでしかない。絶対的に譲れないのはそこではなく、未知の驚異に対して
どれだけ対応できるかだ。


 前表を見ると、ESET/Kaspersky/GDATAが購入の候補にあがる。
※Symantecは、最近セキュリティ対策ソフト以外の企業を買収しており、
これまでのセグメントからの脱皮を図っており、力の入れようが微妙だ。
またずいぶん前に告知が不十分な自動更新によって使っていないのに、
クレジット引き落としされた被害が未だに忘れられないので、前回同様に
検討だけしたかったがSymantec:ノートンの評価データがあまり得られ
ないのが残念だった。

GDATAは利用した経験がないが、未知の驚異に対しては、Kaspersky
に比べ若干ではあるが低いことと、パソコンのパフォーマンスへの影響
が大きいことがあげられる。
 また第三者機関があげる欠点としては、マルウェアを削除すると0kbの
ファイルが残ることや、セーフモードが無いこととなっている。



ESETは、PCの負担が軽く、検知率も上位を保っていたのだが、更新時期
に検知率が下がっていたため、Kaspersyに乗り換えたのだが、今回調査
した結果においても、Kaperskyの後塵を拝すこととなっているため、
前回同様に候補とはならなかった。



 したがって、欠点が少なく、細かくアプリケーションのリソースへのアクセス
を制限できるKasperskyを選択した。
 
 現在Kasperskyでは、いろいろなキャンペーンが期間限定でおこなわれている。
amazonでは、3980円で売られているが、(価格COMの最安値:3936円)
Amazonで同時に書籍を1000円分購入すると2000円の値引きが付いてくるため、値引き後では、
1,980円の破格のプライスで購入できる。
 但し2012年9月30日までのキャンペーンとなっている。


 またKaspersky自体も10月11日発売の2013モデルの先取りキャンペーンとして
現行製品の割引販売をおこなっている。
  但し2013モデルが発売される前日(2012年10月10日)までのキャンペーンとなっている。
http://www.kasperskystore.jp/campaign/campaign120810.html?cid=corpbn_cp0810

 価格だけ見ると買いたい本がある人にとっては、明らかにAmazonのキャンペーンは魅力的
な割引キャンペーンとなっている。
スポンサーサイト
[ 2012/09/28 10:00 ] Security | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yukizasa2007.blog115.fc2.com/tb.php/287-39070529



株価ミニチャートのブログパーツ
ITmediaFX iPad
アフィリエイト・SEO対策





Slenipher

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。