FD3Sとソフトウェアの備忘録 ドコモ 携帯電話(フィーチャーフォン)外装交換










gogo.gs

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ドコモ 携帯電話(フィーチャーフォン)外装交換 

 スマートフォンはこれまで最長1年半で機種変更していたが、
その間に塗装剥がれはありませんでした。そもそも塗装ではなく
ケースのプラスティックに色付けしているので、塗装剥がれが
おこらないようになっている。
 しかし、携帯電話(フィーチャーフォン)の場合には、
塗装剥がれが、短期間に発生することが多いので、定期的
に外装交換の必要に迫られます。
 携帯電話もスマートフォンのようにプラスティックケース
自体に色を付けた外装にすれば良いと思うが、スマートフォン
に比べ厚みの薄い携帯電話の場合、強度を確保するために、
金属外装で強度を確保する必要があるために、どうしても塗装
が必要になってしまっている。
 薄型の携帯電話での塗装剥がれは、宿命となっているが、
塗装の改良やプラスティック外装の採用など、長期使用に堪え
得る対策品がでて欲しいものです。


 ドコモオンライン修理受付サービスには、「ドコモショップなどドコモ取扱い店舗以外で購入された
携帯電話機などは修理対象外となります。」と記載されているので、所有者がドコモショップなど
ドコモ取扱い店舗以外で入手した場合厳しいかもしれません。
 仮に修理対応してくれる場合でも購入から4年目を超えると高額な請求がされる模様です。

【ドコモ】修理代金安心サポートの内容変更2011年4月1日修理受付分より 
http://www.nttdocomo.co.jp/info/notice/page/101019_00.html#p04
 ※10 2011年4月1日修理受付分より、ご購入4年目以降は故障箇所に応じた修理代金をお支払いいただきます

 これまで、外装が痛んでいても外装交換をおこなえば数年は利用できる状態を保てると考えていたが、
白ロムの場合、修理受付されない場合も含めると白ロム購入は程度の良いものを手に入れるほうが
安全と思われます。
スポンサーサイト
[ 2013/08/26 10:00 ] 携帯電話 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yukizasa2007.blog115.fc2.com/tb.php/316-3a0a8cdb



株価ミニチャートのブログパーツ
ITmediaFX iPad
アフィリエイト・SEO対策





Slenipher

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。