FD3Sとソフトウェアの備忘録 IEEE 802.11acルーター










gogo.gs

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

IEEE 802.11acルーター 

ASCIIの理論値最大1300Mbps! 最速のIEEE 802.11acルーターを選ぶ!!で紹介されている各社のIEEE 802.11acルーターの速度比較について、実際には、どれを選んだら良いのだろうかと思い検討してみた。

IEEE 802.11acルーターとUSB無線LAN866Mbps対応子機を利用した速度比較では、エレコムのWRC-1750GHBKWDC-867U3の組み合わせが最速となっているが、本来のIEEE 802.11acの1300Mbpsの速度を得ることができる無線LAN子機は販売されていないため、実際には無線LAN親機の性能が十分に発揮されておらず、このため、無線LAN子機の性能に通信速度が引きずられることとなっている。
まず、親機の性能は、433Mbps対応子機での検証結果から2ストリームでの各アンテナの基本性能で評価することができる。433Mbpsの結果を見ると、NECアクセステクニカの「Aterm WG1800HP」を除いて、バッファローのWZR-1750DHP2がエレコムやIOデータの製品よりも性能が良いことが分かる。さらに866Mbps対応子機の検証結果から、バッファローのWZR-1750DHP2と「Aterm WG1800HP」を比較すると「Aterm WG1800HP」が最も良い結果をだしていることから、親機の性能でベストな選択は、「Aterm WG1800HP」と言えるだろう。wordやexcel・プログラムソースなどをNASへバックアップをおこなう際には、上り側の性能が重視されるので、この点でも「Aterm WG1800HP」が優位となる。

Aterm WG1800HPをイーサネットコンバーターとして利用できる環境であるならば、これがベストだが、やはりノートパソコンで利用する際にはUSB接続で利用するほうが良いので、この場合、NECアクセステクニカの「Aterm WG1800HP」とエレコムの無線LAN子機「WDC-867U3」の組み合わせがベストと思ったが。
 conecoにいくつかの組み合わせの検証結果がレビューされていた。
AtermWG1400HP PA-WG1400HP クチコミ・評判
 これを見ると、親機がAtermWG1400HPと機種が異なるが、同じ11acを利用しているNECアクセステクニカの「Aterm WG1800HP」とエレコムの無線LAN子機「WDC-867U3」の組み合わせでは、ベストな性能を享受することはできないだろう。
  11acを利用するのであれば、NECアクセステクニカの「Aterm WG1800HP」と「AtermWL900U」の組み合わせで利用したほうがベストのようだ。

 また、驚くべきことに細かいファイルの転送やwebブラウジングなどでは、11nの2.4Ghz(150 Mbps)の方が性能が良いことが分かる。
 NASに録画データなど大容量のデータを転送する場合には、11acの性能の恩恵を得ることができるが、日々のサイズの小さいファイルのNASへのバックアップやwebブラウジングをおこなうことがほとんどな利用において、11acの利用はあまりメリットを受けるほどではないようだ。

■IEEE802.11ac
メリット:
1.大容量ファイルの送受信で400Mbps程度の性能を発揮できる。
2.WG1800HPをイーサネットコンバータで利用した場合、QoSのWMMが最大限利用でき、安定かつ高速なストリーミング再生が実現できる。
デメリット:
1.細かいファイルの送受信では、IEEE802.11n(2.4Ghz/150Mbps)に劣る。
2.USB3.0ポートを持ったクライアント機器でないと本来の性能を活かせない。

■IEEE802.11n(2.4Ghz)
メリット:
1.細かいファイルの送受信やWebブラジングでは、IEEE802.11acよりも通信速度で勝る。
2.QoSのWMMが最大限利用でき、安定かつ高速なストリーミング再生が実現できる。

 デメリット:
1.大容量ファイルの送受信の場合、実効速度で50Mbps前後であるため、11acに比べ圧倒的に性能が劣る。
2.近所に2.4Ghzの無線LAN親機が複数あると電波干渉によって、速度低下が発生する。電波混雑防止機能があるが、本当いどのチャネルも利用されていると無意味になってしまう。ここは利用者の環境によって異なる。

 ベストな機器の組み合わせで利用することによって、通信速度の向上が見込まれると同時に、通信のエリアも向上できるため、速度はいらないが安定した通信エリアを確保したい場合にも有効だと思われる。

NECアクセステクニカ
Aterm WG1800HP価格.com
エレコム
WDC-867U3価格コム
NECアクセステクニカ
AtermWL900U価格コム


 今回の調査で、利用形態によって、5.0Ghz帯と2.4Ghz帯を使い分けることが重要だということが分かった。
現在のところ、IEEE802.11acの無線LAN最大スループッ:1300Mbpsを謳った子機が販売されていないため、フラグシップを購入せずにNEC AtermWG1400HPを選択したほうが、コストパフォーマンスは良い。将来を見越してNEC AtermWG1800HPを購入してもその性能を活かす利用をしていない・当面ない場合は、NEC AtermWG1400HPが選択肢となるだろう。子機は、今回の調査では2.4Ghz帯と5.0Ghz帯の子機を利用状況によって使い分けることが大切だということになる。

NECアクセステクニカ
Aterm WG1400HP価格.com
NECアクセステクニカ
WL450NU-AG価格コム
NECアクセステクニカ
AtermWL900U価格コム


引き続き調べていくうちに、電波強度に優れている製品としてNighthawk R7000-100JPSがでてきた。
 欠点としては、サイズが大きく。手持ちのCiscoルーターと同じくらいのサイズ。
 マニュアルを見る限りでは、初心者向けで親切な説明がされている。初心者向けであるがために、細かい設定については、何がどこまでできるのか分からない。この簡素なマニュアルが故にWPA2-PSKの暗号化にAESが対応しているのかという点やNEC Atermにあるセキュリティ対策が実装されているのかが不明なところだ。
 このセキュリティ対策が実装されていないとなると、メインのルーターとしては利用しづらい。AESが利用できなければ、アクセスポイントとしても利用に躊躇してしまう。
 もう少し詳しい仕様を記述してもらわないと、購入候補としては今のところ該当しなくなってしまう。
 電波性能は国内製品よりも優れているようなので、仕様が詳しく紹介されていないため、製品を評価できない。
■ネットギア、最大1300+600Mbpsの11ac対応Wi-Fiルーター「Nighthawk R7000」


 
もうひとつ気になる製品は、ASUS RT-AC87U
RT-AC87U The Ultimate Router 4×4 MU-MIMO – CES 2014
Draft 11ac対応の次世代高速無線LANルーター「AtermWG1800HP」は実際にどれぐらいの速度が出るのか計測してみました
ASCIIの結果とGiGazineの結果に大きな違いがある。この結果の違いは、何であろうか。

ASCIIの結果は、有線接続のデスクトップPCに無線LAN子機接続のノートPC間の通信速度の結果、GiGazineの場合、無線LAN子機接続のノートPC同士の通信速度の結果。

 どちらも無線LAN子機接続側が性能が劣るので、そちらの性能に全体が引きずられるはずだが。Gigazineの計測結果の場合、両無線LAN子機側の通信速度低下が2重にかかってしまうため、若干の速度低下はASCIIの結果よりも悪くなることは想定できるが、下り速度が2倍以上の差が生じるのは、他に理由があると思われる。

 価格.comのレビューでAterm WG1800HPとスマホとの通信速度計測で150Mbps/325Mbpsの計測結果があることから、Gigazine側の設定に何か原因があるのではないか。一つの原因は、Gigazine側がlet's noteを利用している点。Let's noteは、消費電力を低減するために低消費電力仕様のCPUや長時間バッテリーが持つように設計されているものが多い。このため、ASCIIの場合に比べてクライアント側の処理能力の差が大きい。
 
 USB無線LAN866Mbps対応子機の性能を十分に発揮するためには、USB3.0以上のUSBポートに接続する必要があるが、GigazineのLet's noteの画像ではSS USBで接続しているため、この点は考慮して接続がされている。従って、ASCIIとGigazineの性能の違いはクライアントPC側の性能に左右されている部分が大きいと考えられる。

 それでも2倍以上の差がでる理由にはならない。
ASCIIの計測環境は、部屋間の壁は石膏ボードで、木製のドアが閉まっている状態であるのに対して、Gigazineは、同一部屋内で見通しのきく場所であるため、計測環境上は、Gigazineの方が良い。

使用したツール:LAN Speed Test ver3.4.0も同じのようだし。

NECアクセステクニカ「AtermWG1800HP」VS バッファロー「WZR-1750DHP」 こちらの結果では、AtermWG1800HP とIntel Advanced-N 6250AGNの2.4GHz(300Mbps)の組み合わせで、Gigazineと同等の結果がでている。

 買ってみないと実際のところ分からない。各レビューでもクライアントが違えば若干の速度の違いがあるが、設定はデフォルトで利用すると本来の性能を享受できない場合が透けて見えてきそうな感じだ。
スポンサーサイト
[ 2014/07/21 10:00 ] 気になる商品 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yukizasa2007.blog115.fc2.com/tb.php/341-0e837189



株価ミニチャートのブログパーツ
ITmediaFX iPad
アフィリエイト・SEO対策





Slenipher

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。