FD3Sとソフトウェアの備忘録 バッファローの無線LANルーターにDNSアンプ攻撃を許す脆弱性










gogo.gs

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

バッファローの無線LANルーターにDNSアンプ攻撃を許す脆弱性 

該当製品は「WHR-300HP2シリーズ」「WHR-600Dシリーズ」「WMR-300シリーズ」の3機種にDNSアンプ攻撃を許す脆弱性があるとの報道。対策済みファームウェアは既に提供済みのようだ。
家庭用ルーターにDNSアンプ攻撃を許す脆弱性、バッファローが更新呼び掛け
 
 昨年にヤマハのルーターでDNSアンプ攻撃に対する脆弱性が発見されていたので、またかという感じですが。
複数のブロードバンドルータがオープンリゾルバとして機能してしまう問題2013/09/19
オープンリゾルバー(Open Resolver)に対する注意喚起について
スポンサーサイト
[ 2014/08/06 10:00 ] Security | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yukizasa2007.blog115.fc2.com/tb.php/345-079c1d58



株価ミニチャートのブログパーツ
ITmediaFX iPad
アフィリエイト・SEO対策





Slenipher

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。