FD3Sとソフトウェアの備忘録 HYPER株アプリのチャート表示できない&Pogoplugエラーで接続できない










gogo.gs

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

HYPER株アプリのチャート表示できない&Pogoplugエラーで接続できない 

 Xperia Z1 f(ver4.4.2)を利用し、SBI証券のHYPER株アプリをwifiネットワークで利用する際、チャートを表示させようとすると、次のエラーがメッセージが表示された。
「現在処理が込み合っております。大変申し訳ございませんが、再度実行してください。」
 また、wifiネットワーク環境下でPogoplugを利用してファイルを閲覧しようとすると、予期せぬエラーでファイルは取得できないばかりでなく、ログイン画面に戻ってしまい、またパスワードを打ち込まなくてはならない状態になった。
 
 インストールしているその他のアプリでは不具合は発生していないが、良く利用する上記二つのソフトに致命的なエラーが発生したため、原因を探った。

 原因究明のため、無効化したアプリを復活して再起動を繰り返したり、空きメモリを増やすうように利用していないアプリを極力無効化するようにしてみたり、wifi環境に問題が発生したのかとネットワーク周りを疑ってみたりしたが、一向に問題が改善する気配がない。

 結局Webで調べていくとカスペルスキー インターネット セキュリティ for AndroidがWifi接続時にプロキシ設定しており、このためHYPER株アプリやPogoplugがうまく動作しないようになっていた。また、LTEや3G利用時にはこの問題は発生しない。
 プロキシ設定を変更してもカスペルスキー インターネット セキュリティ for Androidが自動的に設定を変更するため、カスペルスキーの設定->危険サイト対策->危険サイトブロックのチェックを外すことでこの問題は解決された。
 危険サイト対策は、Androidの標準ブラウザやchromeを使うことで有効だが、その他のブラウザを利用している場合は危険サイト対策は機能しない。危険サイト対策自体は必要と感じつつもこの機能を停止せざるを得なかった。
 ちなみにトレンドマイクロ社のウイルスバスター モバイルではこの問題は発生しなかった。

 PC向けセキュリティ対策ソフトでの検知率でカスペルスキーは常に最上位を獲得しているので信用しているんだ、この問題は注意が必要だ。サンドボックス化されたAndroidの場合セキュリティ対策ソフトが保護できる範囲は限られていることを考えると、どのセキュリティ対策ソフトを利用しても変わらない。結局ウイルスバスター モバイルでも危険サイト対策が機能するのは標準ブラウザのみだ。

スポンサーサイト
[ 2014/09/01 10:00 ] スマートフォン | トラックバック(-) | コメント(-)

株価ミニチャートのブログパーツ
ITmediaFX iPad
アフィリエイト・SEO対策





Slenipher

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。