FD3Sとソフトウェアの備忘録 CD-R(700MB)に80分越えの音楽ファイルをコピー










gogo.gs

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

CD-R(700MB)に80分越えの音楽ファイルをコピー 

オーディオCD-Rを作成する場合
700MB : 80分
650MB : 74分
が、録音コピーできる時間であるため、通常は80分程度がコピーできる限界だが。

 Pioneer BDR-209BK/WS(ソフト付き)に付属するCyberLinkのPower2GO 6+Optiarc AD-7200A
を用いて80分越えのCDをCD-Rに焼くことができる。

 Optiarc AD-7200AはIDE接続だから、これからのことを考えると利用できる期間はそう長くはない。
最近のマザーボードにIDE接続端子はなくなっているため、今後の機種更新のことを考えてS-ATA仕様のOptiarc AD-7200Sを入手しておこう。
手順1.CyberLink Power2Go 7を起動し、[プロジェクト]-[環境設定]を選択。
CDR80mOverburn1

手順2.環境設定の[容量]タブをクリックした後、[CD-R/RW容量のカスタマイズ]ボタンを選択し、下段のテキストボックスに81分を入力。
CDR80mOverburn2

手順3.[新規タスク]-[ミュージック ディスク]-[オーディオCD]を選択。
CDR80mOverburn3

手順4.「ここに音楽ファイルをドラッグ&ドロップするか、ファイルを選んで[ファイルの追加]ボタンをクリックして、ディスクへの追加を開始します。」にコピーしたい音楽ファイルをドラック&ドロップします。
CDR80mOverburn4

手順5.後は、画面右下の[書き込み]ボタンをクリックすることで書き込みが開始される。

これができるドライブは、Sony Optiarc AD-7200A(IDE接続)でのみ可能だった。
Pioneer BDR-209BK/WSではCD-Rディスクが対応していないとのメッセージが表示され利用できない。
 また、Sony Optiarc AD-7200A(IDE接続)で焼いた1回目は焼くことはできたが、曲の順番がバラバラになってしまった。しかし、再挑戦すると成功となった。
 確実に焼ける訳ではないが、80分越えのオーディオCDをCD-Rを焼く場合には有効だ。
 焼いてしまえば、Pioneer BDR-209BKでの読み込みもOKだった。

 最近のマザーボードにIDE接続端子は無いので、AD-7200Aは、このためだけに購入したくはないし、
中古はヤフオクにあるだろうが、すでに新品在庫はないようだ。
同時期に販売されているS-ATA仕様のAD-7200Sの方は、たまに必要となるこの80分越えのオーディオCD-R
作成のため予備として欲しい。しかも格安だ。








早くも恵安のAD-7200S(2,100円)は完売してしまった。何故?
AD-7200Sを採用しているOEM製品を探しところ次の製品が見つかった。
バッファロー DVSM-7200S/B
バッファロー DVSM-XE20U2/B ※ロットによっては、LG 社製GH22NP20
plextor PX-820SA
io data DVR-S7200LE
io data DVR-U20E
Sony DRU-V200S
既に完売しているものばかりだった。残念。

 要は、オーバーバーンできれば良いわけだか、そこらへんで検索すると。
AD-5280S-CB-PLUSとAD-5280S-CB-Robotがでてくる。
 CD-Rに80分越えのデータ書き込みができるかどうが不明だが、中古のAD-7200Sしか
手に入らないので、今のところ新品が欲しい場合は、こちらを試してみるのもありだ。


 AD-7200Sよりも古いがOEM製品ではなく、AD-7200S同様に自社設計の物としてAD-7170Sがある。
チップ構成が、AD-7200Sよりも古いが、他の製品で試すよりも良いだろうと思う。
AD-7170SのOEM製品としては、io data DVR-S7170LEがまだ新品で購入できる。

しかし、このAD-7170Sは高速書き込み時のJitterが高くなるようだ。
やっぱりAD-7200Sが欲しい。

 AD-7280Sのチップは、RENESASとNECエレクトロニクスの2種類があるが、NECエレクトロニクスがRENESASに吸収されたことによるものなので、仕様は変更されていないだろう。
  故にAD-7200Sと同様のチップメーカー構成であることと、AD-7200S同様に自社設計の物としてAD-7280Sも選択肢として有りだ。AD-7280Sを入手することは困難だが、AD-7280SのOEM製品としてplextor PX-891SAがまだ新品で購入できる。


音楽CDの利用について Q&A集 コピー編
スポンサーサイト
[ 2014/09/09 10:00 ] PCパーツ | トラックバック(-) | コメント(-)

株価ミニチャートのブログパーツ
ITmediaFX iPad
アフィリエイト・SEO対策





Slenipher

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。