FD3Sとソフトウェアの備忘録 Windows XP SP3リリースについて










gogo.gs

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Windows XP SP3リリースについて 

MicrosoftはWindows XP SP3の製品候補版をリリースしテストを拡大中。
正式版は2008年の上半期リリースの見通し。

○Windows XP Service Pack3の主な目的

1.Windows XP SP3は同OSを搭載するPCを最新の状態に保つ。
新機能の追加というよりも、バグ修正・パフォーマンス改善のように
通常のWindows Update(Microsoft Update)と同様のパッチの一括
適用パッケージの感じがする。


2.Windows Server 2008のNetwork Access Protection(NAP)機能との互換性を保証する。
接続されるクライアントがポリシーに適合していない場合には、ネットワーク利用を
制限する機能であるらしい。
 当機能をサポートすることを表明しているセキュリティベンダーは
Juniper Networks
Computer Associates
McAfee
Symantec
 となっており、家庭内での利用に関しては特に気にすることはないが、企業内での
活用に関しては、今後NAP導入とセキュリティソフトウェアとの整合性が問題になる
んだろうと思う。NAPを導入したいが、セキュリティソフトが対応していない。
 日本でかなりのシェアを持っているTrendMicroの対応に関しては、
TrendMicroホワイトペーパー Enterrise Protection Strategy(PDF)
と情報がみつけられなかった。
 基本的にコーポレートエディションを利用している企業に関しては、オンライン
アップデートで対応していくのだろうか。
 ネットワークプログラムで外部連携なんかが難しくなるのだろうか?


ITMediaエンタープライズ NAP解説
ITMediaエンタープライズWindows XP SP3 RCを試してみた
ITMediaエンタープライズマイクロソフト、Windows Server 2008に対応した資格試験の提供を開始

Windows Vista SP1」も2008年上半期にリリースされる予定だ。
スポンサーサイト
[ 2007/12/21 14:08 ] Windows | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yukizasa2007.blog115.fc2.com/tb.php/41-49343179



株価ミニチャートのブログパーツ
ITmediaFX iPad
アフィリエイト・SEO対策





Slenipher

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。